メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』でおなじみ、NY在住の猫好き医学博士しんコロさん。この度、めでたく「お父さん」になることを報告。奥様は現在、妊娠6ヶ月とのことですがニューヨークの産婦人科は日本と全く違うことばかりで毎日が驚きの連続なんだそうです。今回は、日本では絶対ありえない、ニューヨークの産婦人科ビックリ体験を紹介しています。

みなさんにご報告

僕としてはとても嬉しい報告なのですが、わたくし、しんコロは「ねこのおとん」だけでなく、「ニンゲンのおとん」にもなることになりました!!

生まれる予定日は1月中旬で、今ちゃっこは妊娠6ヶ月に突入しました。様々な検査を経て安定期に入り、やっと皆さんに報告できるまでに至りました。おなかの方もぽっこりしてきて、最近では胎動も感じられるようになってきました。いやはや、ここまで検査やら、つわりやらで色々大変でしたが、ちゃっこもやっと妊婦生活を満喫できるような段階になってきたという感じです。

妊婦定期検診に僕もつきそっていますが、NYでの産婦人科訪問体験はまたプチファイルの連続です。もちろん僕には初めての体験なので「こんなもんなの?」と思ったりしますが、日本の話と比較するとかなりシステムが違うようです。例えば、日本では通常任意で医者に会えると思いますが、こちらでは妊娠が判明して初診をしたら、次は8週目まで医者に会えません。それ以前に診てもらいたくても、仮に体調が悪かったとしても、とにかく8週目までは医者に会えません。電話しても「出血したら来ていいけど、そうじゃないなら意味が無いから」と言われてしまいます。

ある日、ちゃっこのつわりがひどく激しい頭痛がしていたので病院に電話をすると、ナースから折り返し電話がかかってきました。電話の向こうでめんどくさそうな口調で「何の用?」とナースは言います。僕が事情を伝えると、その彼女は「解熱鎮痛剤と水4リットルを飲め」とだけ言いました。4リットル?! 水分は確かに大切ですが、4リットルってかなりの量です。体の大きいアメリカ人向けのかなり乱暴なアドバイスに聞こえますね…。そして、「それでも調子が改善しなかったら?」と聞いたら、「改善すっから! そうやって素人がグーグルとかで妊娠中の頭痛を調べたりして余計な心配されると困るんだよね!」と言われました。アドバイスというよりも、「めんどくさいことをしないでくれと」いう文句にしか受け取れませんが、ここはNYなので仕方がありません(笑)。

それ、病院が悪いんじゃない?と思われるかもしれませんが、NYだったらどこ行っても同じです。ちなみに、僕達はコーネル大学の病院にかかっています。NYではコーネル大学の病院は医療施設としては優れているのは間違いないのですが、それ以外はやっぱりNY流です。

ということで、NYの産婦人科体験はプチファイルの連続で、今後はそんな体験談も書こうかと思います。

まずは、嬉しい報告をさせていただきましたm(_ _)m

 image by: Shutterstock.com

 

『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』

著者:しんコロ

ねこブロガー/ダンスインストラクター/起業家/医学博士。免疫学の博士号(Ph.D.)をワシントン大学にて取得。言葉をしゃべる超有名ねこ「しおちゃん」の飼い主の『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』ではブログには書かないしおちゃんのエピソードやペットの健康を守るための最新情報を配信。

≪初月無料/購読はこちらから≫

出典元:まぐまぐニュース!