写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「六本木ヒルズ」(東京都港区)の「森美術館」では現在、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催している。これに合わせ、ミュージアムカフェ「THE SUN」にて、宇宙の日である9月12日より同展をイメージしたコラボレーションメニューの販売が開始された。それでは、宇宙をイメージした美しい商品を実際に食べてみよう。

まずは、全てを吸い込んでしまいそうな「ブラックホールかきあげ丼」(税込1,280円)。魚介にタマネギやニンジンを加え、竹炭を加えたかき揚げを加えた商品。かきあげに入っているソフトシェルシュリンプは、未知の宇宙生物をイメージしているとのこと。ご飯も竹炭で炊いているので、本当に真っ黒な丼だ。同商品は「宇宙と芸術展」の期間ずっと販売されている。

デザートメニューには2種類が登場。銀河系の美しさを表した「惑星と時空間のパフェ」(税込900円)は、ブルーのソーダゼリーやブルーベリーソース、パンナコッタ、銀シュガーをちりばめて宇宙空間を表現したもの。青、白、紫の空間に銀シュガーがほのかに輝いていて美しい。トップには、惑星をイメージしたティラミスアイスとゆずアイスをのせている。この商品は10月31日で販売終了。

もう一方のデザートは、宇宙ステーションから見える世界をプレートで演出。「惑星と時空間のスイーツプレート」(税込1,200円)では、焼きチョコレートの隕石、チーズケーキの流れ星、ピスタチオアイスとカシスムースの惑星を一皿にまとめている。カシスムースの惑星は柔らかく、爽やかな酸味でさっぱりとした味わいだ。この商品は11月1日〜2017年1月9日まで提供される。

「宇宙と芸術展」は2017年1月9日まで開催している。歴史的出展物や絵画で宇宙の美しさを満喫した後には、このメニューを食べて宇宙の魅力にどっぷりと浸かってみてはいかがだろうか。

(福田啄也)