いつまでも夫婦円満! 「結婚後もずっと愛され続ける妻」の特徴5つ

写真拡大

カップル時代は、どこへ行くのも何をするのも楽しかったのに結婚をした途端にスピードダウン。

実はいけないことだった!? 夫婦愛が冷める「意外なNG習慣」4つ

すっかりマンネリな日々を迎えているのでは?

しかし、結婚をしている女性たちが全員盛り下がっているわけではありません。せっかく彼と人生をともにすると決めたなら、ずっと愛され続けたいですよね。

そこで今回は、結婚してからも愛され続ける女性の特徴5つをご紹介いたします。

基本的に献身的

結婚してからも彼に愛され続けたいなら、基本的には彼に尽くすこと。

彼が仕事の愚痴を言ってきたならちゃんと話を聞いて、たとえゴミ捨てをしたくらいで家事を手伝ったと主張していても、きちんと褒めてあげることで、彼はあなたに愛を感じます。

ただし、何もかもを犠牲にして尽くす必要はありません。それは旦那さんをただダメンズにするだけ…。ときには自分の意見を言いながら、でも基本的には彼を一人の男性として立ててあげましょう。

彼が決めたことに文句をつけていても、愛されるどころか面倒くさがられるだけ!

SNSの更新率がそこまで高くない

最近はSNSで結婚生活や子育て自慢をする人が増えてきています。

もちろんSNSの使い方は個人の自由であって、どんな投稿をしてもすべて自己責任。ただし、あまりにも頻度が多すぎると、自己表現というよりただのリア充自慢。

きっと旦那さんも自分たちの生活をいちいちSNSに書き込まれると複雑な気持ちになるでしょう。彼のタイプによっては不信感を抱く可能性も。

彼から一途に愛してほしいなら、SNSは頻繁に更新せず、家族の時間は家族だけでかみしめて、大切に心の中にしまっておきましょう。

精神的・経済的に自立している

今は昔と違って共働きになりつつある時代。

もちろん旦那さんが「専業主婦でもいい」と言ってくれるなら、お言葉に甘えてもいいでしょう。しかし、専業主婦でいることは今後の人生において、かなりリスクがあること。

今は一家の大黒柱となって稼いできてくれる旦那さんがいつどのタイミングで病気やけが、はたまた退職するか誰にも予測できません。突然、自分が働かなくてはいけない状況になったとき、履歴書にブランクがあると、それだけ働く職場・仕事内容は限られてしまいます。

彼と対等な関係を築き、ずっと愛されたいと思うなら、精神的にも経済的にも自立しておくことが大前提!

彼に頼らずとも一人で生きていけるキャリアをもっていれば、自分の自信にも繋がり、彼もそんなあなたをみて魅力的に思うでしょう。

お金の管理ができている

結婚生活をこれから先も続けていく以上は、ある程度の年齢になったら、今度は老後のために貯金をしていく必要があります。子どもがいる・いないによっても、ライフプランは異なりますが、どんな形態でも、お金の管理がしっかりとできなければ、彼は追いかけてきてくれないでしょう。

本来は結婚する前にお金の管理方法について話し合っておくべき。お財布はあくまでも別々なのか、それとも奥さんが一括管理をするのか、それぞれのご家庭によって事情は異なります。

いずれにしても、せめて家計簿をつける、あるいはレシートを計算して1日使ったお金を把握するなど、お金の管理ができていれば彼からも信頼してもらえるでしょう。

結婚前と容姿が変わらない

彼から愛され続け、夫婦になっても仲睦まじく過ごしていくためには内面だけを磨いていても意味がありません。どんなにお手入れをしても歳をとれば、それなりに老けてしまいますが、結果よりも何よりも外見にも気を遣う努力をしましょう。

たとえば基本的なスキンケアをずっと続けていったり、ボディクリームを塗ったり。独身時代に培った「女子力」を結婚して忙しくなったくらいで投げ出してはいけません。

たとえ「主婦」になっても、スキマ時間を使えば意外と効率よく容姿も磨くことができます。

愛され続ける女性は人一倍の努力家!

旦那さんと友好な関係を築けている女性たちは、誰よりも悩み、自分の中で結論をだしながら、努力しているもの…。ただ家事を黙々とこなしているだけでは、彼にとって“魅力溢れる女性”には、なれません。

結婚した途端に旦那さんの愛情が薄まってきているなら、それだけあなたも何か手を抜いてしまっている証拠。関係がこじれてしまう前に、日頃の習慣や行いを改めて振り返ってみましょう!