写真提供:マイナビニュース

写真拡大

島津製作所は9月13日、同社のデジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX7 Version」のラインアップに、富士フイルム製の最新FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載するモデルを追加し、販売を開始したと発表した。

MobileDaRt Evolution MX7 Versionは、これまで島津製作所製デジタルラジオグラフィー(DR)システムおよびキヤノン製DRシステムに対応していたが、今回の追加ラインナップで富士フイルム製DRシステムも使用可能となった。

今回使用可能となった3サイズ5種の富士フイルム製FPDは、国際電気標準会議が定める防水規格IPX6に準拠し、耐荷重310kgと堅牢性にも優れているため、同社によると、救急用途や感染症病棟などに適しているという。なかでも、汎用タイプの14×17インチのFPDは2.5kgと軽量であり、操作者の負担を軽減することができる。また、グリッドなしで撮影画像から散乱X線を除去する機能をオプションで追加すれば、グリッド分が軽量になり着脱の手間もなくすことが可能。

新FPDに対応するMobileDaRt Evolution MX7 Versionの価格は、1億750万円(税別)からとなっている。

(周藤瞳美)