京都・祇園辻利の宇治抹茶を使ったリップクリームだよ / 竹製の容器・摘み立て茶葉みたいなパッケージもステキ

写真拡大

女の子の必需品「リップクリーム」。フルーツやスイーツの香りがするリップはよくありますが、この秋、京都・祇園辻利からなんと抹茶のリップクリームが発売に!

「え、抹茶〜!?」ってビックリですが、お茶の専門店が手がけたということで、これは期待しちゃう!

【祇園辻利の宇治抹茶を使用】

9月10日に発売されたのは、祇園辻利の抹茶「建都の昔」をつかった「抹茶りっぷくりーむ」。「建都の昔」は平安建都1200年を記念して発売されたもので、京都府南部で栽培された茶葉を厳選し、石臼で丁寧に引き上げて作られた宇治抹茶なんですって。

【ユチャオイルや茶葉入り】

リップの成分は、お茶のとれる「チャノキ」と同じツバキ科の「ユチャ」の種子から採取したオイルをベースに、ミツロウと茶葉をくわえたもの。のびと肌なじみがよく、やさしく抹茶が香るのが魅力です。

【パッケージもステキ!】

この「抹茶りっぷくりーむ」は、自然素材にこだわる石鹸工房「京都しゃぼんや」とのコラボ商品で今年5月に発売されているもの。今回は祇園辻利オリジナルパッケージでの登場となります。

摘みたての茶葉をイメージしたというデザインが抹茶らしくて、またステキですよね。

ご紹介した祇園辻利の「抹茶りっぷくりーむ」は、京都と東京の祇園辻利、茶寮都路里各店とオンラインショップで、1620円で発売中。こだわりのリップクリームが欲しいという人はもちろん、お土産やプレゼントにもよさそうですよ♪

参照元:プレスリリース
参考リンク: オンラインショップ
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る