ファザコンの女性との結婚。何が問題?何が大変!?

写真拡大

突然だが、皆さんはファザコンにどんなイメージを抱いているだろうか。どちらかというとネガティブな印象を持つ人が多いと思うのだが、一定数の女性が該当するというのも事実のようである。「教えて!goo」にも「ファザコン?の女性との結婚」と、出会った女性にファザコン要素があることがわかり、結婚するとしてどんなメリット、デメリットがあるか知りたいという質問があった。それに対し、「デメリットは、すぐに両親に相談してしまうこと」(star55_さん)や「ファザコンやマザコンは親離れできていない証拠です。結婚対象外と見た方が賢明ですね」(syu1958さん)など、厳しめの意見が目立った。

一概にメリット、デメリットと片付けられない気もするが、戸惑うこともあるだろう。なんと言っても結婚ともなると、慎重にならざるをえない。そこで今回、恋愛科学による行動分析のプロである荒牧佳代さんに、ファザコン女性の特質と結婚生活で想定しておくべきリスクについて聞いてみた。

■ファザコンは健全な証拠!?

まず、なぜファザコンになるのか、その理由について聞いた。

「女の子にとって父親というのは、ドキドキする冒険や、危険なことまでも一緒にしてくれる刺激的な存在です。快感物質であるドーパミンや、手に汗にぎる緊張のノルアドレナリンを多く放出させてくれます。子どもにとって人生最初の指針として多大な影響を及ぼすのは、保守的な母性ではなく父親であることが多いのです」(荒牧さん)

ヒトは他の動物と比べ子育て期間が長く、父親と接する期間が長いことも影響するとのこと。他にも要因があるのだろうか。

「男性の性は、女性が本能的に惹かれるオスとしてのフェロモンを放出する性です。ほとんどの男性がマザコンであるように、女性も愛着するオスとしての性を持つ父親に対して期待し憧れるのは、むしろ健全な証拠ともいえます」(荒牧さん)

なんと、ほとんどの女性がファザコン予備軍とは……。まわりを見る目も変わってきそうだが、なるならないは本人に親離れしたい気持ちがあるかないかによるようだ。

■彼女を幸せにする「デキる夫」に

それでは、ファザコン女性と結婚する場合、どんなメリットがあるのだろう?

「女性は潜在的に育った環境レベルより少し上の結婚を望みます。ですから、父親を慕っている女性は、父親のスペックが結婚候補の基本となる可能性が高いです。つまり、彼女の両親を見れば彼女が男性に求める幸せレベルがわかり、彼女を笑顔にするコツも簡単に理解できるということです。彼女のファザコンぶりが、親御さんとのコミュニケーションを深めるための研究、勉強材料となってくれるでしょう」(荒牧さん)

ファザコンの彼女が大好きで、彼女を幸せにしたい!という人は、彼女の父親のようになればいいというわけだ。

■パパ大好き!以外のファザコンには要注意

パパ大好きとは逆に、「パパ大嫌い」な女性もいるだろう。その場合、何か注意した方がいいことはあるのだろうか?

「父親からの愛情不足が心の傷となっているトラウマ型のファザコン女性は、父親を反面教師とし、全く違うタイプの男性と結婚することも少なくありません。また、男性とのコミュニケーション不足ゆえの劣等感から、女としての自己評価も低くなりがちです。そのため、夫となる男性は、何倍もの労力と愛情表現が必要になり、仕事との両立から心身ともに疲労困憊となりやすいです。また、性欲の強さに差がありすぎると、セックス依存から浮気に走る可能性も高く要注意です」(荒牧さん)

相手を満たすには並々ならぬ努力が必要なようだ。彼女がどちらのタイプなのか見極めることも大切といえる。

■恋愛経験が鍵

最後に、ファザコン克服の方法はないか聞いてみた。

「女性は多かれ少なかれ父親に精神的に依存する傾向があります。心身ともに自立できれば、自然と親離れしていくものです。親離れするための第一歩は、男性との恋愛経験です。女として愛される喜びを認識できれば恋愛が楽しくなり、父親以上の男性と対等に付き合える魅力を身につけ、交際を重ね続ければ父親離れしている自分を実感できることでしょう」(荒牧さん)

荒牧さんいわく「男を打ち負かし超えてくれるのはやはり男」ということだった。

ファザコン女性のメリット、デメリットを考えるより、相手の父親を凌駕する魅力的な男性になることが、幸せな結婚生活の鍵になるようだ。そのためにも、常に自分磨きを忘れないようにしたいものだ。

●専門家プロフィール:荒牧 佳代
株式会社Kスタ 代表取締役社長。恋愛科学研究所所長/恋愛科学カウンセラー/医療アナリスト。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックで様々なテーマを分析し、監修する恋愛科学のプロフェッショナル。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)