写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●現在開発中のロボットは「Pepperとは対極的」
オートデスクが開催する年次イベント「Autodesk University Japan 2016」が9月8日、都内で開催された。特別講演には"Pepper(ペッパー)の生みの親"として知られるロボット開発者の林要氏が登壇し、「GROOVE X の新世代ロボットコンセプト」と題し、現在開発中のロボットの展望をはじめ、次に求められるロボットの姿の持論を語った。

○現在開発中のロボットは「Pepperとは対極的」

2015年秋に前身であるソフトバンクを退社して独立し、ロボットベンチャー企業のGROOVE Xを立ち上げた林氏。2019年の発売を目指し、現在はPepperに次ぐ新しいロボットを開発中だが、次に目指しているのは"ノンバーバル"なロボットだと明かす。

林氏は「家庭用ロボットは日本発の新産業になるだろう。しかし、多種多様なロボットが一斉に立ち上がっていく必要がある」と話し、Pepperが言葉と感情によるコミュニケーションが可能なヒューマノイド型ロボットであるのに対し、開発中のロボットはPepperとは対極的なものを想定しているのだという。

林氏によると、これまでのロボットを体系的に見た場合、2つの系統に分けることができる。1つ目が機能を重視したもので、人の仕事の代替や、コストの低減を目指したもので、アームロボットや自動運転車、ドローンなどが挙げられる。

そしてもう1つが感性を重視したロボットだ。精神的なサポートをすることで人間の能力の向上に役に立つもので、ドラえもんやペット的な存在のロボットがそれにあたる。

両者の大きな違いとして挙げられるのが"存在感の有無"だ。人の仕事を減らすためのいわば実用的なロボットには存在感は必要とされないが、人の自己実現を叶えるロボットはむしろ存在感こそが重要な価値となるのだと話す。

○今求められているのは「ただ、隣にいるだけ」の存在

この2つの系統のロボットは時代とともに、必要とされる度合いが逆転してきていることを指摘し、林氏は次のように説明する。

「過去のロボットと言えば、100%が人の仕事を減らすためのもの。しかし、文明の進歩に応じて人は生きるためだけでなく、自己実現のためのものにどんどんお金や力を注ぐようになりつつある。そこに今はITが入ってきていて、未来のロボットは100%人の自己実現のためのロボットになるだろう」

そんな中、これからのロボットに強く求められるのは"パートナー"としての存在。「例えばドラえもんや風の谷のナウシカ、スター・ウォーズといったアニメやSF映画の世界には、必ずと言っていいほどパートナーの存在が描かれている。彼らはただ主人公の傍にいるだけで、特に何かをするというわけでもない」と林氏。しかし、"ただいるだけ"という存在感こそがこれからのロボットには重要な要素だと予想する。

●承認欲求と癒やしの時代
○Pepperを歓迎したのは「機械に疎い」人々

というのも、Pepperを通じて得られた知見として、実際にロボットと会って喜ぶのは、情報機器に疎いユーザーであると語る。

「ある老人ホームにPepperを連れていった時、お年寄りとの会話が噛み合うのかと心配していた。でも見ていると、会話が噛み合っていない状態のまま、お互いなんとなくいい感じになっているように感じた。Pepperはどう見ても能力が低いけれど、それゆえに安心して会話ができる様子だった。また、老人は握手をしたりPepperをよく触る。これは人型ロボットというリアリティのある強みだと思った。こうした様子を見ていると、なんらかのきっかけがあれば、人とロボットはいい関係になるのではないかと感じた」

こうした結果を踏まえ、林氏が注目したのは人間の"無意識"の力だという。例えばテレビ電話を使った会議では、聴覚と視覚から得られる情報は対面と同様に伝わっているのだが、相手を信頼したり、契約を結ぶことに関して、対面と比較して難航しやすいことを挙げた。

これは、無意識領域がいわゆる「腹落ち」に作用しているため。脳の中でも非言語領域、無意識領域をつかさどるのが大脳辺縁系で、言語によらないこの部分の働きが、こうした感覚へ作用しているのだという。また、昨今話題になっているAR/VRといった技術に関して、「三半規管などへ感覚を加えることができるARやVRの場合、この無意識領域が活発になることがわかっている」とも語った。

○承認欲求は人類の生存戦略

そうした中、核家族時代である現代に強いニーズがあるのは情緒性のあるロボットだという。その理由を次のように説明した。

「類人猿の中でもホモサピエンスだけが生き残れたのは、人と群れて集団生活ができる遺伝子を持っていたからだとも言われている。人類は20万年かけて、集団でいると安心するようになった。つまり、人類の進化論的に見た場合、"承認要求"は人間の本能」として、FacebookやTwitterの『いいね』、自分を必要とするペットなど、現代人の承認欲求を満たすものを例として挙げた。

「ライフスタイルが変化したにも関わらず、本能的な孤独感や承認欲求が誤って(生命の危機とは無関係に)発信されるようになり、遺伝子の生存戦略とライフスタイルのミスマッチが起きている。現代は"癒しの時代"になり、ロボットにそれが求められるようになってきている」とも語る。

○R2-D2を好きな人が多い理由とは

ここで話は変わり、林氏は会場に「スター・ウォーズにはR2-D2とC3POが登場するが、どちらが好きか」と尋ねた。多くが「R2-D2」と答えたが、これは事前の調査でも同様で、「80%ぐらいの人が、ノンバーバルなR2-D2が好きだと答える」という。

林氏によると、この固有の例に限らず、ノンバーバルなロボットと会話ができるロボットでは、実は前者を好む人が多いのだそうだ。その理由をコミュニケーションにおける人間どうしと動物との興味深い違いを挙げて説明した。

「言葉をしゃべることによって相手のことが理解できる人間どうしの場合は、理解し合えなかったり、相手とのごくわずかの違いの部分に注目してストレスを感じたりしてしまう。ところが、話すことができない動物とコミュニケーションする際は、相手が不意に取った行動やふるまいが人間的であったとか、一部が一致したところに注目し、その部分に人は強く思い入れを感じる傾向がある。ペットセラピーというのがあるが、動物のほうがセラピストとして優秀な能力があるのは、事前のバイアスがほとんどないからでもある。そういう意味でも、ロボットは実はいいポジションにあるといえる」

○ハード・ソフト・クリエイティブが融合が不可欠

林氏はまた、今後のロボットづくりには、ハードウェア、ソフトウェアに加えて、クリエイティブの3つの文化が融合し、それぞれをクロスボーダーで行き来できることが大切だと説く。

「3D映画はすべてを描き切ることができ、想像力の入る余地が少ない。それに比べると、本というのは情報量が少ないが、人に対してごく一部の情報を与えながら、想像力を与えられるのが強み」と語る。

林氏が現在開発中のロボットは、ハードウェア的には80個以上のセンサーを持ち、計算処理が非常に高いCPUを備えたものだという。現時点ではそれ以上の詳細を明かすことができないとしながらも、2018年にも発表、2019年の発売を予定している新しいロボットの方向性を示唆して講演を結んだ。

(神野恵美)