写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーエージェントは9月13日、同社が提供するサービスのデータ解析やデータマイニングなどを行う研究開発組織「秋葉原ラボ」が、東京大学准教授 鳥海不二夫氏とデータマイニング技術における共同研究を開始したと発表した。

2011年4月1日に開設した「秋葉原ラボ」は、大規模なデータ解析やデータマイニング、自然言語処理、機械学習などを専門とする研究開発エンジニア、そして分散システムや検索などに携わるエンジニアが在籍する研究開発組織。ここでは、大規模データ基盤を構築・開発し、検索・機械学習・データマイニングの技術を活用することで、サービスの利便性向上、サービスの健全化、サービスの改善を図っている。

鳥海不二夫氏は、人工知能・データマイニング・計算社会科学分野などの分野で活躍する研究者。

両者の共同研究の結果は、サイバーエージェントが提供する「アメーバブログ」やゲーム、AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」や映像配信プラットフォーム「FRESH! by AbemaTV」など、さまざまなサービスのデータマイニングに活用していく予定だという。

(丸山篤)