第13戦・サンマリノGPで、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)が今季初優勝を飾った。これで、2016年シーズンのMotoGPは第6戦・イタリアGP以来、8戦連続で毎回異なる8名の選手が優勝を遂げたことになる。このような椿事(ちんじ)は、1949年に始まったグランプリの歴史でも初めてのことである。

 ともあれ、この日のペドロサは、それまでの不振が嘘のような圧倒的な強さを見せた。全28周のレースを8番グリッドからスタートし、14周目にチームメイトのマルク・マルケスを一発でパス。その前を行っていたホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)も17周目に鮮やかに仕留めると、さらに遙か前方で独走状態を続けていたバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)をもひたひたと追い詰めて、22周目に切れ味の鋭いオーバーテイクでトップに立った。その後も、ロッシとの差を開くスピードを維持し続けてゴール。2015年の第17戦・マレーシアGP以来となる優勝を達成した。

「ミスをしないことと、あまりがんばりすぎないことが、今日のレースのカギを握ると思っていた。表彰台圏内を狙っていたけど、勝てるとは思わなかったので、残り10周くらいまでは勝利を意識しなかった。バレンティーノに追いついた終盤は、とにかく集中して走った。この数戦はいつも違う選手が優勝していて、今回はそれが自分だったことがとてもうれしい。今年は苦戦が続いていたので、ファンや家族、チーム、支えてくれた人々たちすべてに感謝をしたい」

 そう話すペドロサの表情には、安堵と喜びがありありとうかんでいた。もともとはサービス精神に富んだ性格ではないが、それだけに、勝ったときに見せる本当にうれしそうな表情や、少しだけ饒舌になる口調は、逆に非常に魅力的にも映る。

 今年で最高峰クラス11年目を迎えるペドロサは、マルケス、ロッシ、ロレンソとともに「4強」と言われてきたが、今シーズンは2戦(アルゼンチンGP、カタルーニャGP)で3位表彰台を獲得したのみで、ほとんどのレースで苦戦を続けていた。ペドロサは他の選手たちと比べて体格が小さく体重が軽いために、今年から公式タイヤサプライヤーとなったミシュランに短時間で熱を入れて的確な作動域へ持っていけないことが、大きな原因のひとつだ。

 特に15分間の勝負となる土曜の予選ではいいグリッドを獲得できず、3列目や4列目のスタートとなることも少なくなかった。また、先述のようにもともとが愛想のいいタイプではないために、成績不振とも相まって今年は連日の囲み取材でもあまり人が集まらず、レースを終えた彼に話を聞きに行くと、自分を含めて2〜3人のみだったことも何度かあった。

 だが、今回のサンマリノGPで、ペドロサは金曜の初日に総合2番手を記録。それまでの不振を払拭する手がかりを掴み始めているように見えた。9月上旬にふさわしい汗ばむような陽気で、路面温度も40℃台を維持した。

 この好条件が金曜の好調な走り出しに寄与したどうかと訊ねられた際には、「主な理由かどうかはわからないけど、それも一因だと思う。前戦のシルバーストーンのように(温度が低く)熱を入れるのが厳しいときよりは、ポジティブな材料になっている」と話した。

 土曜午後にレースシミュレーションを実施した際には、高水準の安定したラップタイムを刻み続けたが、その後の予選ではいつものように一発タイム出しに苦しんで、8番手スタート。決勝レースでは、ほとんどの選手がフロント用にミディアムコンパウンドのタイヤを選択したのに対し、ペドロサはソフト側コンパウンドでグリッドについた。路面コンディションの状況を活かし、体格の不利も補えるソフト側の特性を存分に活かす展開で勝利を収めたが、本人がレース後に述べた「まさか勝てるとは思っていなかった」という言葉は、正直な心境だっただろう。

 自宅から10kmの、文字どおりホームコースでの一戦に必勝態勢で臨みながら、それを果たせなかったロッシは、終盤に自分を鮮やかに抜き去ったペドロサに対して、「勝ちを狙っているから、誰もが全力で勝負にくる。いいオーバーテイクだった。仕掛けた側が自分じゃなかったのが残念だけど」と素直に負けを認め、3位のロレンソも、「思いどおりの走りをできずに苦しんできた時期を乗り越えて、勝利を手にしたダニは素晴らしいと思う」とエールを贈った。

 2016年シーズンは残り5戦。次戦の舞台、スペインのモーターランド・アラゴンでは過去にマルケス、ペドロサ、ロレンソが優勝を飾っている。マルケスがリードするチャンピオン争いも、いよいよ本格的な佳境に差しかかる。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira