【意外と知らない】AT車でも苦手なひとが多い坂道発進のコツとは

写真拡大 (全8枚)

ポイントはブレーキのリリース前にアクセルを少し踏む

平地ではクリーピング現象で、ブレーキから足を離すだけでスルスルと進み出すAT車(Dレンジに入れたまま停車していた場合)。しかし、勾配がきつい上り坂で停車した際は、ブレーキを離すとクルマが後退し、焦ることも……。

こうした坂道では、Dレンジに入れたままサイドブレーキを引いて(踏んで)止まり、発進時は軽くアクセルを踏んでから、サイドブレーキをリリースすればOK。

左足でフットブレーキを踏んでおいて、同様に軽くアクセルを踏んでから、左足をブレーキペダルから離すというやり方もあるが、普段、あまり左足ブレーキを使っていない人は、サイドブレーキを使ったほうが無難。

最近のクルマには、ドライバーがブレーキペダルから足を離した後1〜2秒間ブレーキの圧力を保持して、停止状態をキープする「ヒルスタートアシスト」機能付きのクルマも増えているので、こうしたクルマなら、右足でブレーキを踏んで停車し、余裕を持ってペダルをアクセルに踏みかえ、スーッとアクセルを踏み込んでやれば、坂道でも安心。

ポイントは、

/号待ちや渋滞の停車中は、Dレンジで待っていること(平地でも同じ)

▲屮譟璽を戻す前に、軽くアクセルを踏んでおくこと

ブレーキを離したら、もう少しアクセルを踏む量を増やすこと(これが肝心)

反対に、上り坂での停車時にブレーキを踏まず、アクセルをちょっと踏んで停止状態を維持している人が稀にいるが、ATフルードの油温が上がり、ATの寿命を縮め、燃費にもマイナスだし、なにより不安定なのでおすすめできない。

また平地でも上り坂でも、一時停止のときはNレンジではなくDレンジで待つがおすすめ。とくに上り坂では、Nレンジに入れてブレーキが甘く後ずさりしたら危ないし、発進時、アクセルを踏んだのにクルマが動き出さず、アクセルオンのまま慌ててDレンジに入れて急発進なんてケースも珍しくないからだ。

またNレンジ⇔Dレンジと動かすたびにATの油圧クラッチが切れたり繋がったりするので、クラッチのストレスを減らす意味でも、一時停止時はNレンジに戻さない方がベター。

まして、一時停止でPレンジまで戻すのは再発進作業が増え、RもしくはNでアクセルを踏みだすなどの誤操作の可能性も増えるし、正確な操作をしても発進までのロスタイムが多く、百害あって一利なし。

なお、燃費面でも停車中は、DレンジでもNレンジでも変わりはない。

(文:藤田竜太)