以前より手軽か、それとも...

写真拡大

日清食品は2016年8月29日、リニューアルした「日清カレーメシ ビーフ」「日清カレーメシ シーフード」を発売した。

今までのカレーメシは、水を入れて電子レンジで加熱して作るのが特長だったが、新カレーメシでは「湯かけ調理」に。お湯を入れて5分後にかき混ぜると、とろみのあるカレーが完成する。電子レンジは使用不可だ。

表示時間より長めに待つのが吉?

レンジ調理と湯かけ調理、食感や味がかなり変わってきそうだが、食べてみた人の反応はどうか。

ツイッターを見てみると、

「カレーメシ、予想以上にちゃんとカレーライスになってた。旨い」
「お湯verカレーメシ美味い。なによりも電子レンジがカレー臭くならないのがいい」
「さっぱりしてうまい。カレーじゃなくて、ジャンクフードなカレーメシというかんじ。よりおやつ感があって、サラリと食える。前ほどいい意味でコクがなく、少し甘め」

など、高評価が上がる一方、

「レンチンの頃と比べるととろみが若干薄まった感がある」
「全然固まらずにスープカレー状態なんですけど...。まあ、不味くはないけどさ」
「米の芯を感じる絶妙なリゾット感が無くなって、ただのドロドロカレーメシになってしまいガッカリ」

など「従来品の方が好みだった」という人も多い。

「美味しかったけど説明に書いてある時間(たしか5分)だとお米がパフ的な駄菓子みたいで微妙だから8〜10分ほど待ってお米がしっかりふやけるの待つ方が美味しい、すぐだと汁気も多いし」

と、早速自分の口に合った待ち時間にたどり着いた人もいるようだ。

「レンチンの方が手軽だった」の声も多数

調理法の変化にも様々な意見があるようだ。

「以前は水を入れてレンジでチンするだけだったのに新しいのは、お湯が沸くまで待つ、お湯を入れてできるまで待つ、という手間をなぜ増やした?」
「お湯要らずなのがかえって便利で時間無い時に良かったんだがなぁ」

など、前の方が便利だったという声に加え、レンジ調理ならではの「ちょい足しカレーメシ」を楽しんでいた人々からも

「カレーメシお湯わかす方がめんどくさいからレンジでチンの前の方が個人的には好きだった。卵落としてチンとかできたし」
「蒸らしは無いから蒸らしの時間を利用してとろけるチーズぶちこんだりとかお湯の代わりにトマトジュース使って作ったりとかそういうのができなさそうなのがイヤン」

との嘆きが。

一方、

「会社で5分もレンジ占有すんの心苦しいから食べられなかったんだけど、これからは昼間にカレー臭させられる!」

と、職場でのランチに使いやすいという意見も。

「レンジが使えなくても湯は沸かせるって状況は多いだろうから、非常食代わりにも使えるようになったな」

など、非常食としての役割に期待する声も多い。

どちらも一長一短の、旧カレーメシ&新カレーメシ。

「お湯沸かすのめんどくさい人用にレンジのやつも残して」

との切実な声もみられた。

希望小売価格はいずれも220円(税別)。