写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●こんなにある歯列矯正の種類や使用器具
美しい歯並びには誰しもあこがれるもの。そして、美しい歯並びにするための手段としては歯列矯正がある。歯列矯正には費用も時間もかかるイメージがあるかもしれないが、具体的にどれくらいになるのかを知っている人は少数派ではないだろうか。

今回は、歯列矯正の種類や治療にかかる期間や費用について、M.I.H.O.矯正歯科クリニックの今村美穂医師に話を聞いた。

○歯列矯正の主な種類

歯列矯正にはいくつかの種類があるため、それぞれの特徴を紹介していこう。

■表側矯正…歯の表側にワイヤーなどを装着する手法で、最もオーソドックスなタイプ。表側矯正の場合、ブラケットと呼ばれる歯に装着する器具やワイヤーが目立つのが難点ではあるが、ほかの方法に比べ費用を抑えられるメリットがある。

■裏側矯正…「舌側矯正」とも呼ばれ、装置を歯の裏側につけるために治療中であることが気づかれにくい特徴がある。しかし、表側矯正に比べて複雑で細かい調整が必要になり、装着に要する時間も長くなる。また、費用面でも表側矯正に比べて1.2〜1.5倍ほどになることが多い。

■ハーフリンガル矯正…下の歯は表側矯正でも目立ちにくいため、上の歯は裏側、下の歯は表側と歯の上下で矯正方法を変えた方法。

表側矯正で治療できるケースであれば裏側矯正も可能な場合が多いが、ゴムなどをかける装置を表にも装着することも知ってほしい。「接客業などで目立ってしまう治療法はちょっと……」とためらっている人は、裏側矯正を検討してみるのもよいだろう。

○それぞれ特徴が異なる器具

歯列矯正に使用する器具にもいくつか種類があるので、主だったものをまとめた。

メタルブラケット

表側矯正で最も一般的なタイプになる。強度に優れて治療効果が高く衛生面にも優れている一方で、金属なのでブラケットが目立ってしまうのが難点だ。セラミックブラケットであれば、ブラケットがセラミックやコンポジットでできたクリアタイプなので、メタルブラケットよりは目立ちにくくなる。

リンガルブラケット

裏側矯正の場合に用いられる金属製の矯正装置。金属製ではあるが表側からは見えないので、矯正中の審美性が高い。しかし、歯の内側に装置を付けるため、舌などに触れて慣れるまで会話や食事などに違和感を覚える人もいる。

クリアライナー

ブラケットを使用せず、クリアライナーと呼ばれる患者の口に合わせた透明なトレーを製作し、1日20時間ほど装着する治療法。口内の状態に合わせたトレーを毎月作り直して新たな治療ステップへと進めていき、少しずつ歯を動かしていく。矯正治療をしていることを気づかれにくいが、毎日の使用時間が長く、守れないと治療期間の長期化にもつながる。また、歯列や咬合(こうごう)の状態によってはこの治療法で対応できない場合もある。
特にクリアライナーの場合、「インビザライン・クリアライナー」と呼ばれるタイプであれば、術前の模型1回で治療終了までの全ステップのトレーを作成可能。ただ、治療途中に虫歯治療などで口腔(こうくう)内の状態が変化すると再度模型の作り直しになってしまうことを覚えておこう。

●歯列矯正の治療費総額の目安は50万〜150万円程度
歯列矯正は硬い骨の中で歯を移動させることなので、治療には年単位の期間が必要になる。個人差はあるが、矯正装置をつけてから外すまでの期間は2、3年〜くらいになるケースが多いという。

矯正装置を外した後は、歯列が戻らないようにさらに1年〜3年程度、リテーナー(保定装置)を装着する。若年齢層ほど歯の動きが早く、治療期間も短くなる傾向にある。動的治療を開始すると、症状にもよるが約1カ月ごとに通院し、装置の状態確認や交換、調整などを施す。

歯列矯正は遺伝子疾患や顎変形症、口唇口蓋裂を伴うケースなどの一部を除いて健康保険が適用されない自費診療となる。そのため、医院の治療方針や処置内容によって金額も異なってくる。

■治療前および治療中の費用

症状や状態によって費用は変わるのであくまで目安ではあるが、治療前には初診料や頭部X線写真、歯形の採取や撮影、診断料などがかかり、2、3万円ほどが必要となる。治療中は、選択した矯正装置により約50万〜150万円程度を想定しておくとよい。また、経過観察などの診察で1,000〜1万円の診察料が定期的にかかる場合がある。

■治療後の費用

治療後は、装置を外した後の保定装置(リテーナー)代が1万〜6万円前後、定期健診にかかる費用が1回2,000〜8,000円前後かかる。ただし、経過観察や保定装置代、定期健診費用などは、装置の基本料金に含まれている場合もある。

○治療費の支払い方法は主に2種類

治療費の支払いについては、大きく「総額制」と「処置料別払い制」の2タイプに分けられる。

総額制は、治療開始前に治療完了までの費用が提示され、原則として増減しない。装置の基本料金のほか、通院ごとの処置料や調整料、治療後にかかる費用も含まれる。総額が決まっているので支払いの契約が立てやすいが、治療期間が予定より短くなっても減額などはされない。

処置料別払い制は項目ごとに料金が設定されており、装置の基本料金のほか、装置の調整や経過観察の診察ごとに費用が発生するもの。治療期間が短くすむ場合は費用を抑えられる場合もあるが、長期にわたる場合はトータルの治療費が高くなる場合もある。

健康保険の適用にはならなくても、治療の内容によっては医療費控除の対象になる場合もある。医療費控除は1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が確定申告で戻ってくる制度で、矯正治療の内容が対象になるものかどうかは、医院に確認や相談をするとよい。

歯列矯正は長期間にわたる治療になるため、信頼できる医院を見つけることも大切。自分にあった治療を実施できるかどうか、費用の面も含めてしっかり医療機関と相談して治療方針を決めていきたい。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 今村美穂(いまむら みほ)

M.I.H.O.矯正歯科クリニック院長、MIHO歯科予防研究所 代表。表参道デンタルオフィス 矯正歯科。日本歯科大学卒業、日本大学矯正科研修、DMACC大学(米アイオワ州)にて予防歯科プログラム作成のため渡米、研究を行う。1996年にDMACC大学卒業。日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医・専門医。研究内容は歯科予防・口腔機能と形態及び顎関節を含む口腔顔面の機能障害。MOSセミナー(歯科矯正セミナー、MFT口腔筋機能療法セミナー)主宰。

(宮崎新之)