写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セゾン情報システムズは9月12日、Tableau Japanが提供するデータ分析ソリューションである「Tableau(タブロー)」のソフトウェア販売と、データ分析の前準備(データ・プレパレーション)サービスの提供を開始した。

データ分析のツールが一般向けに受け入れられる一方、分析の前処理(各データソースのクレンジングや成形など)は依然としてITに関する知識が必要なケースが多く、複数のデータから素早く分析したいという現場部門の要望に対し、ユーザー企業のみで対応するには相応の時間・コストが生じるなど、課題が顕在化しているという。

この課題に対し同社は、Tableauを最大限利用してもらうためのソリューションとして、7月にリリースしたTableau専用のデータ連携ツール「DataSpider for Tableau」の提供に加え、分析の前処理を行う新サービスの提供を開始した。

同サービスにより、DataSpider for TableauやDataSpider Servistaを利用するデータ分析の前処理における負担を軽減し、スピーディな分析を実現するため、ユーザーは煩雑な分析の前処理を意識することなくTableauを利用できるとしている。

なお、サービスメニューはデータ・プレパレーション・サービス、Tableau Server構築サービス、ダッシュボード作成サービス、サポート・サービスで構成する。

(山本善之介)