1日に約900人。この数が、何を意味するか分かりますか?1日にガンで死亡する日本人の数です。

長きに渡り現代人の死亡原因として知られ、およそ3人に1人がそれにより命を落としているとまで言われるガン。治療も大変で、さまざまな副作用があることでも知られています。…が、「Simple Organic Life」ではとても特殊な方法でガンを克服した女性の体験が紹介されていました。

なんと、化学療法を行わず「ニンジンジュースを飲み続けた」というのです──。

※以下、「Simple Organic Life」の記事を転載します。

児童本の作家であるアン・キャメロン氏は、自身が大腸ガンだと診断された時、大きな衝撃を受けたと語っています。2012年の6月、彼女のガンはすでに第3ステージに突入していました。2005年に夫を肺ガンで亡くした経験を持つ彼女は、化学療法のつらさをよく知っていました。だからこそ、夫と同じ道は歩まないと決心したのです。

「2012年の6月。ガンのために手術を受けましたが、化学療法は拒否しました。気分は良かったのですが、6ヶ月後、ガンはついに肺にまで蝕み、第4ステージへと突入しました」

そんな中、彼女は肺ガンだった男性が毎日ニンジンジュースを約2.5キロ飲み、治癒したという話を聞きました。

彼女はさっそく、ニンジンジュースを飲み始めたのです。

8ヶ月後にはガンが完治
ニンジンジュース、驚きの効果

飲み始めてから8週間後、腫瘍の広がりは止まりました。さらに、腫瘍とリンパ腺が小さくなり始め、4ヶ月後にはさらに腫瘍は小さくなっていきました。そして8ヶ月後には、ガンが完璧に治ってしまったと言います。

彼女は自身の体験を「Curing Cancer with Carrots」という本の中で綴っています。それにしても、なぜこれほどまでに驚異的な効果をもたらしたのでしょうか? たしかにニンジンは、腫瘍の成長を妨げるカロチンを多く含み、ガンに効果的だと言われています。

もちろん、すべての人に効果があるわけではありませんが、ガンと診断された場合に、このような自然療法を試す価値があるかもしれません。もしものときのために、覚えておいては?

Licensed material used with permission by Simple Organic Life