12日、中国外交部の華春瑩報道官は、北朝鮮の核実験に関してカーター米国防長官が中国の「責任論」を取り上げていることに反論した。資料写真。

写真拡大

2016年9月12日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、北朝鮮の核実験に関してカーター米国防長官が中国の「責任論」を取り上げていることについて、「カーター氏は謙虚すぎる」とした上で、「核問題は実質的に朝米の対立だ。問題を起こした者がその問題を解決すべきだ。米国には持つべき責任を持ってほしい」と反論した。人民網が伝えた。

カーター米国防長官は9日、訪問先のオスロで、北朝鮮の核実験について「これは中国の責任だ。中国は今回の展開に重要な責任があり、事態を覆す重要な責任がある」と指摘していた。

これについて、華報道官は「北朝鮮の核問題の原因や問題点は、中国ではなく米国にある。核問題は実質的に朝米の対立だ。米国は朝鮮半島の核問題の経緯を全面的に振り返り、確実な解決に向け真剣に考えた方がいい。問題を起こした者がその問題を解決すべきだ。米国には持つべき責任を持ってほしい」と述べた。(翻訳・編集/柳川)