お酒がなくなったことを店員に知らせる“氷型のデバイス”が登場

写真拡大 (全4枚)

いまや、バーで2杯目を催促しなくても、スムーズにおかわりをサービスしてもらえる時代。

イタリアの老舗MARTINIが、アイスキューブそっくりの新技術「Smart Cube」を開発した。

安全な食用樹脂にBluetoothを内蔵

MARTINI Smart Cube

グラスの中で、アイスキューブとほとんど識別できないスマートな外観。

3Dプリンティングのアイスキューブの形状に、リアルタイムのオーダー技術を融合させた最先端技術だ。

キューブの温度と浮力を維持する、NASA開発のエアロゲルの技術により、安全な食用樹脂にBluethoothを内蔵したデバイスを実現した。

MARTINI Smart Cube

Bluethoothの信号強度が、液体につかると著しく低下する問題に直面した開発チームは、電力やアンテナを微調整し、課題をクリア。

込み合ったバーの環境でも、約30メートルの範囲であれば、信号の受信が可能となった。

飲食業界に著しい可能性をもたらす技術

MARTINI Smart Cube

iPad上のアプリと連動し、Bluethoothを介して、飲み物が少なくなると、自動的にバーに情報が送られる。

顧客がグラスを飲み干す前に、スマートに2杯目をお勧めできる。

飲料内のアルコール含有量や、消費量も計測できるため、飲み過ぎ防止にも役立つ。

オーダーされた飲み物のデータをもとに、マーケティング戦略やストック管理計画を立てることもできる。

9月上旬、モンツァ・サーキットで開催されたF1イタリアグランプリで、MARTINIの期間限定バーにて初公開。

MARTINIでは、飲食業界に著しい可能性をもたらす技術として、Smart Cubeにかける期待は大きい。