画像

写真拡大 (全2枚)

 カルチュア・コンビニエンス・クラブが提供するTカード「アクティブ・ユニーク」な会員数が、2016年9月末で6000万人を突破した。

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が提供するTカードの直近1年間に利用しているアクティブな会員、かつTカードを複数枚所有する会員の重複を除いたユニークな会員である「アクティブ・ユニーク」な会員数が、2016年9月末で6000万人になった。また、Tカードの累計発行枚数は、1億9000万枚と日本総人口を超える枚数にまで達している。

 CCCは、共通ポイントサービス「Tポイント」を2003年10月に開始。当初は1640万人であった会員数も、サービス開始から13年超が経過し、2016年9月末に今回の数字を突破した。

 現在Tポイントには、56万の店舗やECサイトなどが参加していることもあり、月に一度でも利用している会員は全体の約7割にあたる4300万人、また週に一度は利用するという会員も全体の約4割、2700万人いることがわかった。

MarkeZine編集部[著]