犬の免疫介在性溶血性貧血とは?

自己免疫介在性疾患とは?

免疫とは、白血球や抗体などが体に入ってきた異物やウイルス、腫瘍細胞などを自己のものではないと判断し、それらを排除しようと自己の体を防御するしくみのことを言います。
しかし、これらのしくみがなんらかの原因によって狂ってしまい、自己と非自己を判断できず、自己の細胞を免疫反応により破壊してしまい、結果、起こる病気のことを自己免疫介在性疾患と言います。

犬に多い「自己免疫介在性溶血性貧血」

免疫介在性溶血性貧血には、

抗生物質などの薬剤接種ワクチン接種感染症腫瘍疾患

等から続いて起こる「外因性」のものと、原因不明の、「自己免疫介在性」とに分類されます。

犬に多いのは原因不明の「自己免疫介在性溶血性貧血」です。

自己の赤血球に対して抗体ができることで血管内や肝臓、脾臓、骨髄などで自己の赤血球が壊されてしまい、貧血になってしまう病気です。

免疫介在性溶血性貧血が起こりやすい犬種は?

犬種としてはコッカースパニエルやプードルに多いと言われています。雌犬の発生率が雄犬の発生率より2〜4倍高いようです。

どのような経過をたどるの?

免疫介在性溶血性貧血は病態が一気に悪化する急性、もしくは病態の進行が比較的穏やかな慢性経過をたどるものに分かれますが、急性経過の中でも短期間に大量の赤血球が破壊され、貧血が重度に陥ると、死亡率も高くなります。

免疫介在性溶血性貧血の症状・対処法・治療法

症状

貧血のために呼吸が早い、食欲がない、元気がない、などの症状が現れ、舌や目の粘膜が白く見えます。
その他発熱、黄疸、血尿、嘔吐や下痢などの消化器症状なども見られます。

免疫介在性溶血性貧血の治療法

輸血による治療

免疫介在性溶血性貧血の治療は、免疫抑制剤による薬物治療と、悪化してしまった全身状態を維持させる支持療法を合わせて行われます。貧血が重度になれば支持療法として輸血も必要になってきます。

現在の日本にはペット用の血液バンクがないため、免疫介在性溶血性貧血になった場合、動物病院で飼われている供血用の犬や、献血ドナー犬、親や兄弟犬などに血を提供してもらうかたちになります。

輸血は必ず輸血される犬の血液型の判定と、ドナー犬の血と適合するかどうか、クロスマッチという試験を経てから行います。血液の不適合による拒絶反応が起こると、輸血で命を落としてしまうことになりかねないので検査は大切です。万が一のために事前に飼い犬の血液型を知っておくことも早急の措置がとれますので重要です。

薬による免疫介在性溶血性貧血の治療

免疫抑制剤の治療薬としては、主に副腎皮質ステロイドのプレドニゾロンを使用しますが、ホルモンバランスを崩したり、糖尿病を引き起こしたりと、副作用が多い薬剤です。その為、その他のアザチオプリン、シクロスポリンといった免疫抑制剤を併用することも多いようです。

しかしこれらの免疫抑制剤は効果が出るまでに時間がかかりますので、より貧血が重度の場合はヒト免疫グロブリン製剤を点滴で用いる場合もあります。

また、自己免疫介在性溶血性貧血は、血栓症といって、血管内に血の塊ができ、血の流れを止めてしまう病気を引き起こすことが多々あります。その為、抗血栓療法として低分子ヘパリンのような薬も同時に使われることが多いです。

飼い主さんができること

自己免疫介在性溶血性貧血は、1年後の生存率が約50%と言われている、恐ろしい病気です。
たとえ貧血が改善したとしても、この病気が完治することはまれで、免疫抑制剤は長期的に服用することになります。

薬の副作用が出ず、病態が落ち着けば命の危険性も減ります。しかし、この病気は長期戦の為、飼い主さんのサポートが必須です。貧血が重度ですと食欲もなくなり、呼吸も苦しくなりますから、栄養面や環境面でも工夫が必要です。また、飼い主さんの早期発見が病気が治る重要なポイントです。

少しでも様子がおかしいな、と感じたらすぐ動物病院で診てもらいましょう。