こだわりのマウスで敵もライバルも制圧せよ

写真拡大

台湾ASUSTeK Computerのゲーミングブランド「R.O.G.」は、MMORPG(多人数参加型ロール・プレイング・ゲーム)向けゲーミングマウス「ROG Spatha」を2016年9月9日から東京・秋葉原「ソフマップ秋葉原本館」および「ツクモ DOS/Vパソコン館」で先行発売した。一般発売は10月15日から。

無線/有線の両対応で、通常は無線、バッテリーが切れた際には有線に切り替えるなどの使い方ができる。付属の「無線レシーバー機能付き充電ドック」にセットすることで充電可能だ。

左側面に6つのボタンを配置。大きめで押し間違いを防げる。そのほか11個のボタン+ホイールボタン、全12ボタンのキーカスタマイズやマクロに対応する。

左右クリックボタンは2000万回のクリックに耐えられるというオムロン製スイッチを採用する。ソケット式になっており、同タイプの市販スイッチとの交換も可能だ。標準装備のものより重めのクリック感を持つ交換用スイッチ×2が付属する。

優れた操作性の解像度8200dpi対応、読み取り面を選ばないレーザーセンサーを内蔵。センサーの認識距離は11段階から選択できる。有線接続時は2000Hzのレポートレートを実現。

USBケーブル(編みタイプ、ラバータイプ各1)、キャリングケース、分解用星型ドライバーなどが付属する。

価格はオープン。