モジュラースマホ「Project Ara」の死と、グーグルの憂鬱

写真拡大 (全2枚)

グーグルが、モジュラースマホ開発計画「Project Ara」を中断する。それが意味するのは、グーグルがいま直面している、巨大化した組織を維持しながら革新的なプロジェクトを生み出し続けることの厳しさである。

「モジュラースマホ「Project Ara」の死と、グーグルの憂鬱」の写真・リンク付きの記事はこちら

Project Ara」(日本語版記事)はもう終わりかもしれない。

ロイター通信が報道したように、グーグルはProject Araを中断した。このモジュラースマートフォンの開発計画は、お蔵入りとなるかもしれない。

5月に行われた毎年恒例のI/Oカンファレンスで、グーグルのATAP(Advanced Technologies and Projects)研究所の約30人のスタッフによってAraが約1年以上の沈黙を破って大々的なリスタートすることが伝えられたことを考えると、今回の動きは奇妙に思える。しかし同時に、Araの停止は驚くことでもないのかもしれない。

ドゥーガンの告白

Project AraはDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)の元ディレクター、レギーナ・ドゥーガンをリーダーに、モトローラ・モビリティのなかでスタートしたものだ。グーグルがモトローラを買収したときに、ドゥーガンはそのまま担当を引き継いだ。しかし今年春、グーグルのカンファレンスの少し前に、ドゥーガンはグーグルを辞めてフェイスブックに移籍している。

「新しくて、実現不可能だとされる製品をつくろうと努力しても、途中で大きな課題にぶつかります。技術的な面での課題や、組織的な面での課題です。チームを壊しうる課題です」。ドゥーガンはブログの投稿でAraやATAPで目の当たりにした困難について語っている。「ATAPを立ち上げたときは、このような仕事を希望していました。でもそれはとても怖いことです。なぜなら、ほかの人々に比べて大きな失敗をする恐怖を受け止め、立ち向かわなければならないからです」

ドゥーガンがATAPを辞めフェイスブックに転職した事実を考えれば、彼女の言葉の真意がわかるだろう。フェイスブックはグーグルよりもずっと小さい企業だ。そしてフェイスブックには、いまのところグーグルと同じような「組織面での課題」がない。

Araの死は、巨大組織に姿を変えたグーグルが、革新的な力を維持するのに苦労している証拠だ。大きい組織では、スピード感をもって既存の事業の合間に新しい仕事を始めるのは難しい。フェイスブックでドゥーガンは、「ビルディング8」というチームを運営している。そのチームはATAPによく似ているが、ATAPと違うのはフェイスブックはまだ組織的に小さく、スピード感をもった環境づくりができることである。

アルファベットの葛藤

もちろん、グーグル自身も組織が巨大化していることを認識している。だからこそグーグルは数多く子会社を設立し、それらはすべて持ち株会社アルファベットの傘下に収まることになった。「ムーンショット」と呼ばれる壮大なプロジェクトは、個別のスタートアップのような別会社で独立させて行うということだ。そうすれば、理論上はスピード感が増す。そしてこれから起こりそうなのは、グーグルから別会社への株式提供だ。有望な人材を維持し、惹きつけるための方法として利用されるだろう。

しかし、プロジェクトごとの子会社化も簡単ではない。グーグル・ファイバーは、グーグルの超高速インターネットサーヴィスだが、アルファベットの別会社として経営され、「アクセス」(Access)と呼ばれている。そして噂によると、この新しい会社は、収支のバランスを取るために厳しいプレッシャーをかけられているそうだ。

さらに、別会社の設立はそんなに多くはできない。ATAPとProject Araは、グーグル・ファイバーよりもはるかに試験的で、あまり利益が見込めないものだったのだろう。「Araでのアプローチは、われわれがスマートフォンについて知っているすべての特徴に逆らったものだ」と、テクノロジーマーケットアナリスト兼コンサルタントのジャン・ドーソンは語る。「スマートフォン事業の大きな問題は、成功して利益を得るにはある程度の販売台数を必要とすること。アップルとサムスンだけが大きな利益を得ていて、それ以外は販売台数に苦戦している」。そして、グーグルに残ったAraは息絶えたのだ。

一部は死に、ほかの一部は生き残る。ATAPではほかのプロジェクトも行っていて、もしかしたらもっとうまくいくものもあるかもしれない。だが現実的に考えれば、会社がグーグルほど大きくなれば、各事業は小さいほど生き残りが難しくなる。「隅っこで小さな仕事ばかりしてはいけない。そして本当の財政状況に誰も気がつかないでほしい」とグーグルは言っているように思える、とドーソンは言う。しかし、隅っこで小さな仕事をする人だって必要なのだ。

RELATED