中国には日本人に対してそれほど強い反日感情を抱いていない人も存在し、反日感情の強弱は地域によって差がある。なかには「政治上の衝突は、日中の一般市民の関係に影響しない」という考え方を持つ中国人もいる。しかしこうした考え方を持つ中国人であっても、実際に日本人と会話をするとなると先入観から緊張感を示すことがある。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国には日本人に対してそれほど強い反日感情を抱いていない人も存在し、反日感情の強弱は地域によって差がある。なかには「政治上の衝突は、日中の一般市民の関係に影響しない」という考え方を持つ中国人もいる。しかしこうした考え方を持つ中国人であっても、実際に日本人と会話をするとなると先入観から緊張感を示すことがある。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、多くの中国人は日本人について「表面的には善人を装うが実は腹黒い」と見なしているとしつつも、実際は日本には中国が学ぶべき部分がたくさんあると称賛、「日本に行き、自分の目で本当の日本を見るべきだ」と中国人読者に訴えかけている。

 記事が称賛している「本当の日本」のうちの1つ、身体の不自由な人々に対する思いやりだ。日本の公共交通機関は身体の不自由な人のために多く配慮を提供しているとしたほか、もし車椅子の人が突然の雨に見舞われたら、「日本の通行人は車椅子の人のために進んで傘を差し出すだろう」とも説明。「日本人の人情は、決して中国人が想像しているような冷淡なものではない」と強調した。

 また「日本は治安が良く、親は子どもの通学時の安全を心配しなくて済む」、「衛生的な環境を保つ優れた習慣と高度な自律、とりわけゴミ分別に対する真剣さは、中国人が学ぶに値する」、「日本旅行に行けば、細かなところにまで配慮の行き届いた仕事の態度にきっと感化されるだろう」とも称賛している。

 記事は「日本を訪れ、自分の目で本当の日本を見れば、日本に対する誤った見方を捨てることができる」という点をことさら強調している。日本人について「表面的に善人を装うが、実は腹黒い」とみなす中国人が多いと説明しているが、記事は「日本社会にはそうしたイメージを打ち砕く強い力」があると見ているようだ。

 実際、日本を訪れた中国人旅行客たちは口々に日本を称賛し、日本に良くないイメージを抱いていた中国人でも対日観が一変するというケースは少なくない。中国のネット上で日本を批判し続けている人こそ、一度日本を訪れてみるべきだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)