早起きで超カンタン!スッキリ痩せる「朝活ライフスタイル」秘訣5つ

写真拡大

暑かった夏が過ぎ、食欲がわく過ごしやすい秋がやってきました。冬になる前に、秋晴れの日々をうんと楽しみたいものです。

食べ物が何でも美味しく感じられるこの季節、気になってくるのは体重と脂肪! フルで働いているとダイエットや長時間のエクササイズをするエネルギーもなく、運動不足でドンドン太ってしまいそうで怖いですよね。

そこで活用したいのが“朝時間”。そこで今回は、海外の女性向け健康情報サイト『Women’s Health』の記事を参考に、朝ちょっと早起きすればカンタンに実行できる“朝活ライフスタイル”の方法をご紹介しましょう!

■1:朝日を浴びる

まず、“痩せるライフスタイル”を取り入れる上で、見逃してはならないのが“朝日”です!

研究によると、朝日をたくさん浴びた人は、どんな年齢や運動量でもBMI(ボディマス指数)が低いという結果が出たそうです。朝日を浴びると“体内時計”が整うため、睡眠のリズムなども一定になるそうですが、十分な睡眠はダイエットにとって必要不可欠。それがスリムになる秘密なのかもしれませんね!

朝8時〜12時の間に20〜30分朝日を浴びるといいそうです。正午に近づくと日射しも強くなるので、朝ウォーキングをしてたっぷり朝日を浴びてくださいね。

■2:コーヒーを飲む

過去記事「働き女子はぜひ飲んで!“朝1杯のコーヒー”が与えてくれる4つのメリット」でお伝えしたように、コーヒーを飲むことで基礎代謝が上昇するそうです。基礎代謝が上昇すれば、それだけ燃やす脂肪が多くなるということ。

でも、コーヒー飲んでるからといって暴飲暴食をしていてはダメ。バランスのとれた食生活とエクササイズをプラスすればもっと脂肪が燃えそうですね。

■3:タンパク質が豊富な朝食を食べる

朝食は1日のエネルギーになる大切な食事。

「抜くなんてもったいなさすぎ!“朝ごはんのすんごいメリット”3つ」でお伝えしたように、朝食をきちんと食べる人は、食べない人よりダイエットに成功する確率が高いそうです。しっかりした朝食を食べることで満足感があり、午前中に飢餓感を感じにくく、余計な間食を防げます!

卵やヨーグルトなどタンパク質を含む食品あ、ビタミン、繊維質などがバランスよく含まれる栄養価の高い朝食を摂りましょう。フルーツと全粒粉パン、ヨーグルトだけでも立派な朝ごはんです!

■4:お弁当を詰めておやつも用意

寝坊してバタバタと家を出て行く日と違い、朝早く起きると有益なことがいろいろ出来てしまいます! お弁当作り&おやつの用意もそのうちの1つ。栄養価やカロリーを考えて作るヘルシーなお弁当なら、ダイエットにもなりお金も節約できて一石二鳥!

10時や3時の小腹が空くころのために、カットしたフルーツやヨーグルトなどをおやつに持参するといいですね!

■5:通勤時には歩く

朝活にはエクササイズも大事。でも、「朝は忙しくて、まとまった時間が取れない」という場合、通勤途中のウォーキングも立派なエクササイズになります。

「朝の11分で寿命が2年延びる!? 老化防止の“通勤ウォーキング”習慣」でお伝えしたように、エクササイズは代謝を上げてカロリーを消費し、体を引き締めるだけでなく、老化の防止や、DNA細胞の修復……などいいことがたくさん。

毎日11分歩くだけで寿命が2年延びる計算になるそうですが、25分歩くとなんと7年延びるそうです。1日25分を目指して歩きましょう!

以上、カンタンに実行できる“朝活ライフスタイル”でしたが、いかがでしょうか?

痩せてスッキリした体型になるためには、“付け焼刃のダイエット”ではなく、ライフスタイル自体を見直して変える必要があります。手始めはまず早く寝て、翌朝早く起きることから! この秋はヘルシーな美ボディをゲットしてくださいね!