カスタムOS「Fire OS」も進化

写真拡大

Amazon.co.jp(アマゾン)は、タブレット「Fire HD 8」を2016年9月21日に発売するのに先だち、9月9日から予約受付を始めた。

8型HD(1280×800ドット)液晶ディスプレイ、クアッド(4)コアプロセッサー(1.3GHz)、従来モデルから50%増強した1.5GBメモリーを搭載し、ゲームやアプリのさらなる高速化を実現したという。microSDメモリーカード(最大200GB)をサポート。

OSは、雑誌のページのように美しいコンテンツ表示や、閲覧・検索が簡単なユーザーインターフェイスの「Fire OS 5」をプレインストール。プライム映画やプライムTV番組、Amazonオリジナル作品などを自動ダウンロードできるプライム会員向け「On Deck」機能を搭載する。

フロント/リアにカメラを備える。容量4750mAhバッテリーを内蔵し、最長12時間の連続使用が可能だ。IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN対応。カラーはブラック。

内蔵ストレージ容量32GBモデルと16GBモデルを用意し、価格はそれぞれ1万5980円、1万2980円(いずれも税込)。なお、プライム会員はそれぞれ4000円引きで購入できる。