毎日、娘のランチバッグにマンガを描くパパが素敵

写真拡大

イクメンパパが、毎日娘のランチバッグに描くマンガLunch Bag Artが話題を呼んでいる。

お弁当を作るイクメンパパ

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

イラストレーターのMike JenkinsさんがThe Washington Postに寄稿した記事によれば、3人の子供たちのお弁当を作るのはMikeさんの役割。

上の2人が大学に上がって手がからなくなり、中学生の末娘Maggyさんのランチバッグに遊び心が動いたことがきっかけだった。

お弁当をバッグに入れて名前を書くだけではなく、ハロウィンや感謝祭のような特別な日に、時々マンガを描いてみよう。

「毎日みんながお弁当を見に来るよ」

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

寒波に襲われた時期、「雪には飽き飽き」と言う娘のために、「春は、角を曲がればすぐそこ」と、巨大な氷の迷路の中で、その「角」に近づくMaggyさんの姿を描いた。

学校から帰宅したMaggyさんが「毎日みんながお弁当を見に来るよ」と言うように、日替わりのランチバッグは、すでに学校で大人気となっていた。

ママがFacebookに投稿

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

それまでランチバッグのマンガのことを知らなかったママのTishさんが、Facebookに投稿するようになり、ランチバッグのマンガは、本格的な毎日の日課となった。

今まで描きためたランチバッグは、2年余りで421枚に上る。

曜日ごとに異なるテーマ

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

月曜日はあえて「憂鬱な月曜日」を強調、木曜日は考えさせられるようなテーマ、金曜日はとにかく楽しく、などなど、曜日ごとにテーマを変え、季節や休日ごとに趣向を凝らしている。

高校2年生に成長したMaggyさんのランチバッグのストーリーは、今も続いている。

マンガの内容も、子供の成長にしたがって深みを増し、親にとってもかけがえのない成長の記録となるだろう。

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins

Facebook Lunch Bag Art Tish Lane Jenkins