ヒラリー・クリントン氏陣営 健康上の不安で対応の誤り認める

ざっくり言うと

  • ヒラリー・クリントン氏陣営は12日、 健康上の不安での対応の誤りを認めた
  • 9日に肺炎と診断されていたことを、11日になって世間に公表した
  • 情報開示の遅れが批判され、広報担当は「よりよい対応が可能だった」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング