中国観光研究院が8日、中国のカード決済サービス大手・銀聯国際と共同で「2016年中国海外旅行発展年度報告」を発表した。

写真拡大

中国観光研究院が8日、中国のカード決済サービス大手・銀聯国際と共同で発表した「2016年中国海外旅行発展年度報告」は、今年、中国のアウトバンド客の数は前年比11.5%増の1億3300万人に達すると予測している。中国のアウトバンド市場が理性化された成長期に入り、海外で文化などをじっくり体験する旅行への支出が増加している。人民日報が報じた。

同報告によると、2015年、中国のアウトバンド客の数は前年比9.8%増の1億1700万人に達した。数年前までは毎年約20%のペースで増加していたのと比べると、増加幅が明らかに縮小している。

中国観光研究院の戴斌・院長は、「約20年の急速な発展を経て、中国のアウトバンド客の数の増加ペースは初めて20%を切った。それでも、中国のアウトバンド市場は巨大なポテンシャルを秘めている。現在、中国ではパスポートを持っている人の割合が6%以下。まだまだ発掘できる巨大なスペースがある。今後5〜10年の間は、中国のアウトバンド客の数は、ほぼ横ばいの安定したペースで増加していくだろう」との予測を語った。

また、同報告によると、15年に中国の国際観光支出は前年比16.6%増の1045億ドル(約10兆4500億円)に達した。1人当たりの支出額は893ドル(約8万9300円)の計算で、上昇のペースが緩まっている。それでも、世界経済が伸び悩み、多くの国の国際観光支出が減少しているため、中国のアウトバンド客の購買意欲は抜き出ている。

銀聯国際の董力・最高ブランド責任者(CBO)によると、「カードを利用した消費のデータを見ると、アウトバンド客の85.9%の海外旅行の目的がショッピングであることが分かる。しかし、海外での支出は一層理性化、若年化している。『80後(1980年代生まれ)』がアウトバンド客の主力となるにつれ、オンライン決済を通して、ホテルを予約したり、飛行機のチケットを購入したりする人が増加している。また、旅行のスタイルも『爆買い』から、個人旅行や現地の文化をじっくり体験するスタイルへと変化しており、銀聯などの決済サービス企業の勢力拡大につながっている」という。(提供/人民網日本語版・編集KN)