映画『スタートレック』の ‟人工知能コンピューターの声” がSiriに搭載される可能性が! その裏に「Apple 対 Google」の臭いをビミョーに感じてしまう件

写真拡大

iPhoneユーザーには、音声アシスタント機能Siriをフル活用している人もいれば、なかには、Siriに変な質問をして、その答えを楽しんでいるという人もいるかもしれない。

そんなSiriの声に、映画『スター・トレック』の人工知能コンピューターの声が、搭載される可能性があるというのだ。そして、その裏には、ビミョーに「Apple 対 Google」の臭いを感じてしまうのである!!

『スター・トレック』のコンピューターの声がSiriに使用される!?

『スター・トレック』シリーズの人工知能コンピューターの声を担当したのは、メイジェル・バレット・ロッデンベリーという女優で、彼女は、『スター・トレック』の産みの親ジーン・ロッデンベリーの妻でもある。

そして、最近ジーンがTwitterにて、「メイジェルの声は、コンピューター音声のように録音されているから、Siriや『Star Trek: Discovery』に、彼女の声を使用できないかと働きかけているんだ」と投稿しているのだ。

・メイジェルの声がSiriに搭載されたら ‟Apple 対 Google” に!?


ちなみに、『Star Trek: Discovery』とは、2017年から米国で放送スタートする『スター・トレック』の新テレビシリーズのことである。ここまでなら、「そうなんだ」程度で終わってしまうニュースだが、メイジェルの声がSiriに搭載されたら、ビミョーに ‟Apple 対 Google” の構図を感じてしまうのだ。

というのも、GoogleがAppleのSiriに対抗して、Android版音声アシスタント機能の開発を進めていた際、そのプロジェクト名が ‟Majel(メイジェル)” だったのである。

・『スター・トレック』は生誕50周年に!

そう! Majelとは、前出のメイジェルさんの名前から取られているのだが、もしも彼女の声がSiriに搭載されたら、「Google側は、あまり良い気はしないかも!?」なんて思ってしまうのだ。

それはともかく、2016年9月で『スター・トレック』は生誕50周年を迎えるだけに、こういった新プロジェクトが、次々と発表される可能性は高そうだ。

そして、シリーズの最新作となる映画『スター・トレック BEYOND』は、2016年10月21日より全国ロードソショーが開始される。ますます盛り上がる『スタートレック』熱に乗り遅れないよう、興味がある人は、ぜひ劇場に足を運んでみてはどうだろうか。

参照元:Facebook @Star Trek、Twitter ‏@roddenberry、Mashable、Apple Insider(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る