12日、ロシアのプーチン大統領が中国国家主席に贈ったロシア製アイスクリームをめぐり、光明日報は「プーチン氏のアイス外交が奏功。ロシア製アイスが中国市場に」と題する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2016年9月12日、ロシアのプーチン大統領が中国国家主席に贈ったロシア製アイスクリームをめぐり、光明日報は「プーチン氏のアイス外交が奏功。ロシア製アイスが中国市場に」と題する記事を掲載した。

今月4、5日の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため中国を訪れたロシアのプーチン大統領は中露首脳会談の際、習近平(シー・ジンピン)国家主席にロシア製アイスクリームの入った箱を贈った。同主席はこの贈り物に喜びを示したと伝えられており、ロシアメディアは「ロシアアイスクリーム」を依然、「注目のキーワード」として扱っている。

ロシアの対中アイスクリーム輸出はここ数年、拡大を続け、国境の街・黒竜江省綏芬河市ではこの夏、盛んな取引がみられた。また、今年上半期に同市公路口岸経由で輸入されたロシア製アイスは数量ベースで前年同期比206%増。ロシアのバシコルトスタン共和国からはバシコルトスタンのアイスクリームを中国に近く輸出するとの声が上がっており、ロシア沿海地方では中国への輸出増加に伴い、今年の生産量が前年の2倍になると予測されている。(翻訳・編集/野谷)