医学の進歩によって平均寿命は延び続け、2015年の日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳で、どちらも過去最高を更新しました。

女性は香港に次いで世界2位、男性は香港、アイスランド、スイスに次ぐ第4位となっています。

今後さらに人の寿命は延び続けるのでしょうか?

今回は、2050年に平均寿命はどうなっているのかという研究結果をご紹介します。

■このままだと100歳以上の人口が40万人になる!

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は現在、アメリカ人の平均寿命を78.8歳としています。

この年齢は数年前よりも上がっており、今後もこの傾向は続くものとみられます。

様々な研究によると、2050年までにアメリカの60歳以上の総計は現在の2倍になり、人口の5人に1人が65歳以上になり、少なくとも40万人が100歳以上になると予想されます。

また、地域別に全人口に占める60歳以上の人の割合を見ていくと、ヨーロッパ34%、南米・アジア25%以上、アフリカ9%となっています。

これはどこの地域でも現在より増加していることになります。

■日本人の平均寿命は90歳を超えると予想されている

アメリカ国立老化研究所によると、1840年から2007年の間に1年当たり約3ヶ月単位で平均寿命は延びているといいます。

例えば、東アジアでは1950年には45歳だった平均寿命が74歳になり、アメリカ人の平均寿命は20世紀初めから現在までで47歳から79歳に延びています。

現在の増加傾向が継続した場合、21世紀半ばまでに誕生したアメリカ人の予想される寿命は現状よりも9年以上長くなり、88歳までになると予想されます。

また、ロサンゼルス・タイムズ紙では、2000年に82.9歳だった日本人の寿命は、2050年には90.9歳に延びるだろうと言及しています。

■医学の進歩によって寿命はさらに延びる可能性がある

医学の進歩によって、この平均寿命の予想はさらに延びる可能性もあります。

実際、いくつかの大学と研究所は、より長く健康的に生きられる方法についての研究を始めています。カリフォルニアに拠点を置く、生物医学研究機関のバック・インスティテュートはそのひとつ。

この研究所は、加齢による慢性的な疾患についての研究の焦点を置いています。2013年に発表された研究で、彼らは芋虫の寿命を5倍に引き延ばすことに成功しました。

また、全米の優れた病院のひとつであるメイヨー・クリニックによる最近の研究では、ネズミの老化細胞を取り除くことで老化による臓器や組織の損傷を遅らせ、生存期間を35%延ばすことができたそうです。

今はまだ実験段階ですが、今後そのような技術が人間にも応用される日がくるかもしれません。

ただ、このような極端な寿命の延長は社会にとってどのような意味があるのか、多くの議論をもたらします。調査では51%の人がこのように老化を遅らせるような治療は良くないと答えたそうです。

癌の治癒や義手・義足をはじめとする治療は良いとしながらも、誰がそのような治療を受けることができるのか、また身体への影響についても懐疑的な見方もあったといいます。

最近では平均寿命と比較して「健康寿命」も話題になっていますよね。

日常生活を制限されずに送ることができるという指標の「健康寿命」は、平均寿命よりも約10年短いといわれています。寿命は自分では決めることができませんが、健康寿命は生活習慣によって変わる可能性があるでしょう。

現在アラサーの人たちも、34年後の2050年には60歳を超えます。生活習慣の見直しなど、できることがあれば早めに取り組んでおいて損はないでしょう。

(文/平野鞠)

 

【参考】

※What the Average Life Expectancy Will Be in 2050-CheatSheet