最期に姿を見せてくれた「フィラエ」がこれからの宇宙開発のためにできること

写真拡大

2年前に彗星に着陸失敗後、行方不明になっていた着陸機「フィラエ」が、ミッション終了を間近にしてようやく発見された。フィラエは最期まで、人類に宇宙の情報を伝え続けてくれている。

SLIDE SHOW 「最期に姿を見せてくれた「フィラエ」がこれからの宇宙開発のためにできること」の写真・リンク付きの記事はこちら
philae_close-up-289x361

2/2前の画像の右側を拡大したもの。岩に挟まったフィラエが見える。

Prev Next

宇宙で行方不明になると、たいていは永遠に見つからない。だが、欧州宇宙機関(ESA)の彗星着陸機「フィラエ」の場合は違った。

フィラエは、2014年11月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)への着陸に挑戦した。しかし、思いがけなくバウンドして着地に失敗(日本語版記事)。それ以来、行方不明になっていた。そして2016年9月5日(米国時間)、科学者たちによってその位置がようやく特定された。彗星探査の母機「ロゼッタ」が同彗星の地表を撮影した画像からだ。

科学者たちは、地表画像を徹底的に分析して、ようやくフィラエの位置を確認することができた。フィラエ本体は約1mと小さく、かなり見つけにくい。しかし、ロゼッタが撮影した写真(冒頭の画像)に目を凝らせば、クレヴァスにはまり込み、ひっくり返った甲虫のように着陸用の脚を宙に突き出しているフィラエを探せるはずだ。挑戦してみてほしい。

ロゼッタの速度は減衰しており、その軌道は現在、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の地表から2.7kmというところまで来ている。予定では、ロゼッタは1カ月以内に彗星に破損着陸して12年におよぶミッションを終了し、地球との通信は完全に途絶える。

だから、舞台から消える直前にフィラエを発見できたのは、フィラエのファンと地球近傍小惑星分野の科学にとって大きな幸運だ。

フィラエの最終的な位置がわかったので、科学者たちは、そのデータをもとに状況を理解し、今後の深宇宙ミッションに役立てることができる。ESAはいまのところ、フィラエの位置と周囲の物質構成、さらされている太陽放射量を把握している。

小惑星採掘を目指すDeep Space Industries社(日本語版記事)のダニエル・フェイバーCEOは、チュリュモフ・ゲラシメンコの地質構造に関心をもっている。「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の構造は、クレームブリュレ(カスタードプディングと似た、表面を焦がしたデザート)に似ていることがわかっている。表面はパリパリしているが、中は柔らかく、空洞が存在するのだ」と彼は言う。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の地質構造についてもっと多くのことがわかれば、エンジニアたちは、もっと安定した着陸が可能な着陸機を開発できる。そして、彗星や小惑星の採掘が可能になれば、深宇宙ミッション用の移動式供給ステーションの機能を果たすことが可能だと期待されている。

例えば、彗星や小惑星に存在する氷を水素と酸素に分解して、推進剤や放射線の遮蔽、または呼吸などに利用できるかもしれない。また、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に豊富に含まれる炭化水素を3Dプリンター用ポリマーに転換し、非常に多くのものを作成することも考えられる。このようにして、宇宙飛行士の放射線障害や、ミッション中の予備燃料の枯渇など、宇宙探査における大きな頭痛の種が解消されると期待されているのだ。

RELATED