動画:天の川銀河ができあがっていく様子をシミュレーション。2000台のコンピューター駆使、超新星爆発の影響も計算

写真拡大

カリフォルニア工科大学の天文研究チームが、天の川銀河が形成される様子をシミュレーションした動画を公開しました。動画からは、巨大かつ大質量の恒星がその最期を迎えるときに起こる超新星爆発を計算に組み込んだことでこれまでのものよりも現実に近いシミュレーションができたとしています。

これまでにあった天の川銀河形成のシミュレーション計算は、我々の銀河の周辺に何千もの小型銀河がなければ成立しませんでした。しかし現実には、我々のいる銀河の周辺には30ほどの小型銀河が漂っているに過ぎません。

カリフォルニア工科大学の天文学者らは、それらの計算はダークマターの存在を正しく考慮していないからだと考えました。しかし、その後チームはダークマターではなく、巨大なエネルギーを宇宙空間に放出する超新星の影響を取り入れることで、我々のいる銀河が構成される様子をより正確に再現できるとわかったとのこと。

規模の大きな超新星爆発は、付近にいる他の星々、さらには小さな銀河さえも巻き添えにして吹き飛ばしてしまいます。チームは、その影響を再現するため2000台のコンピューターを連結、70万CPU時間を費やして計算を実行しました(CPU時間とは、コンピューターのCPU1個を専有した累計時間)。

下はそのシミュレーション映像