Block Bテイル BBCと一緒に誕生日をお祝い!

写真拡大

今月24日に26歳の誕生を迎える韓国出身の“WARUGAKI”7人組ボーイズグループBlock Bのメインボーカル、テイルが9月11日、東京・渋谷の代官山SPACE ODDで単独イベント「Happy Birthday To TAEIL(From Block B)〜26〜」(昼夜2回)を開催、ファンとともに誕生日を祝った。

【画像】Block Bテイルのイベントの写真を一覧で見る

Block Bの日本公式ファンクラブ会員限定で行われたイベント。Block Bのライブやイベントではなかなか聞くことのできないトークが展開された他、テイルの代名詞でもある高音ボイスを生かした歌が堪能できるプレミア感溢れる内容となった。

会場のキャパシティを大きく上回る申し込みの激戦を勝ち抜きチケットを手にしたBBC(=Block Bのファン)たちは、主役の登場を今か今かと待っている。すると、BBCたちの耳に聞こえてきたのは、テイル自身が大好きだと公言する清水翔太の曲に合わせて歌うテイルの声。開始前からテイルらしいサプライズにBBCの期待も自然と高まる。

いよいよ開演。1曲目の『It Was Love』イントロが流れ、テイルが登場。それまでの賑やかな雰囲気が一変、ボーカリストとして歌に真摯に向き合うテイルの歌声を一音の聞き逃さないようにと集中するBBCの姿が会場を熱くする。

Block Bのリーダー、ジコが手掛け、テイルの美しく伸びやかな歌声の良さが最大限に生かされている名バラード『It Was Love』を歌い終えると、MCの古家正亨氏が登場し一気にアットホームな雰囲気に。

近況を聞かれたテイルは、今月9日に、大ファンである清水翔太の日本武道館ライブに行ったことを明かし、「とても勉強になった。しかも挨拶までさせてもらい、その後SNSでメッセージのやり取りまでしたんです!」と大興奮。「ファンの皆さんが“テイルが大ファンなんですよ。7月のライブで桜をカバーしたんですよ”とSNSでメッセージを多く伝えてくれたので、翔太さんが僕を知ってくれていたんです! ファンの皆さんのおかげです!』と満面の笑みのテイルに、会場からは「かわいい!」という声が飛び交った。

一問一答コーナーがあり、来場したBBCから集めた質問にテイルが返答。日本語を一生懸命勉強しているというテイルが、古家氏から“質問を読んでみて”と促されると、すべての質問を「テイルさん、パプモゴッソ(ご飯食べた?)」と読み会場は爆笑。その後選ばれた質問の中からさらに厳選された3名にはスペシャルプレゼントとして終演後にツーショットセルカが送られた。

続いては韓国の人気音楽番組『君の声が見える』をオマージュしたコーナーへ。歌が上手そうなファンを見た目だけで5名を選び、日本で5月に発売したBlock Bの『Toy(Japanese ver)』をステージでテイルと歌った中から最も歌がうまい人に愛用の品をプレゼント。参加した皆さんの歌のレベルが高く、ファンと歌える貴重な機会に心から楽しむテイルの笑顔が絶えないコーナーとなった。

その後披露されたのは、仮面をつけて歌のうまさを競う韓国の音楽番組『覆面歌王』に出演した際に歌った昔から大好きだったという『人形』。テイルの美しい声が引き立つ美しい楽曲に会場中が包まれる。そして最後の曲に選んだのが、清水翔太の『君が好き』。会場に来てくれたファンに向かい歌詞を“みんなが好き”と替えて歌ったテイル。そんなテイルの歌声には、いつも応援してくれるファンへの感謝の気持ちがたっぷりと込められていた。

どこまでも美しく伸びやかな高音ボイスに加え、愛らしく親しみやすいキャラクターで多くのファンに愛されるテイル。そんなテイルが参加者全員と直接触れ合いたいと自ら考えたファンミーティングの締めくくりは、直筆サイン入りポストカードを手渡ししながらテイルがファンをお見送りするというもの。

最後に10月26日に発売されるBlock Bの日本初アルバムはもちろん、今後の日本での活動についても意欲的に語ったテイルの「Happy Birthday To TAEIL(From Block B)〜26〜」。短い時間ではあったが、ファンとテイルの間には思いを共有する確かな時間が流れていた。

★WEB「韓流ぴあ」では、Block Bの連載スタート! 9月の主人公はテイル!!