がんと闘う恩師のため…400人以上の生徒が自宅前で合唱する姿が感動的

写真拡大

恩師から受けた愛情に、生徒たちが歌で報いようとする姿が話題になっています。

昨年12月にがんと診断

アメリカ・テネシー州にある高校、Christ Presbyterian Academyの生徒たち400人以上が集まったのは、同校のラテン語の教師、ベン・エリスさんの自宅前。

エリスさんは昨年12月にがんと診断され、以来闘病しています。

エリスさんは、病を得た人たちを支援するウェブサイト「Caring Bridge」で、がんが肺に転移したためもう間もなく治療は終わると明かしました。

生徒たちが集まったのはそんな矢先のことです。

400人の生徒が窓辺の恩師へ歌を

エリスさんが見守る窓の前で、生徒たちは讃美歌「Holy Spirit You are Welcome Here」を歌います。

Tim McGraw /  Facebook

Tim McGraw / Facebook

エリスさんはじっと聴き入り、時折ハミングも。

この動画は、カントリー歌手のティム・マグロウがFacebook上に投稿しました。

「友人が今日、これを送ってくれた。ベン・エリスはナッシュビル地区の高校教師で、がんと闘っている。生徒たち全員(400人以上の生徒たち+健康科学学科)が彼の自宅に集まり、彼とともに礼拝した。我々の想いと祈りは彼とその家族とともにある…貴重で思いやりのある行為だ」

投稿に寄せられた関係者からの声によると、この日の前日、学校から授業のスケジュールを変更する旨の通知が届いたそうです。

再生回数1,770万超

娘をこの学校に通わせている母親からはこんなコメントが。

「彼女たちはエリス先生が大好きなんです。彼から与えられた愛情を、お返ししようとしたのでしょう。先生は、希望と喜びと平和にあふれたかたです。私たちを愛してくれた人に、生徒たちが愛を贈る、力強く感動的なシーンでした」

多くの人の胸をうったこの投稿には65万人がリアクションし、動画の再生回数は1,770万回を超えています。

「あなたは私たちの生きる希望…」と歌うこの美しい歌。歌手のカリ・ジョブが歌うバージョンはこちらです。