写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テスラモーターズジャパン(テスラ)は9月12日、第3車種目となるSUV「Tesla Model X(Model X)」を発売した。

Model Xは史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発された。60kWh、75kWh、90kWh、100kWhの4種類のバッテリーサイズをラインアップし、ハイエンドモデルのModel X P100Dでは、3.1秒で100km/hまで加速し、1回の充電で最大542km走行可能だとしている。

安全面では、フロア下に取り付けられたバッテリーにより重心が下がるため、横転リスクを同クラスの車の半分以下に低減しているほか、フロントトランクがエンジンが無いため大きく、衝撃を吸収するクランブルゾーンとして機能する。上に向かって開くファルコンウィングドアも大きな特徴で、両サイドに隙間が30cmしかない場所でもスムーズな乗降が可能だ。

同社によれば、Model Xは日本で販売される市販車としては初の100%電気自動車SUVとのこと。価格は895万円からで、現時点の予約分は2017年前半以降の納車を予定している。

(神山翔)