「人気の沿線ランキング」「田舎 vs 都会」などといった特集はTVや雑誌などでもよく見かけますが、住む地域の「環境」まで取り上げたものは少ないですよね。しかし、その「住環境」が老後の健康に大きな影響を及ぼすとしたら…。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』では、イギリスで発表された気になる研究結果が紹介されています。

健康には、都会と田舎、どちらがベター?

住むには、緑が多くのんびりとした田舎がよいか? ちょっと空気は悪いかもしれないが、刺激がありエネルギュシュな都会がいいか?

若い頃はなんと言っても、大都会がよいと信じていました。でも、シニアになっても、やっぱり私は都会生活派のようです。なんといっても、住んでいて飽きないですもんね。

ところで、健康は住んでいる場所や、隣の家の人により、つよく影響されるという話題です。中高年者の人は、住んでいる地域や近所づきあいが悪いと、寝たきりや認知症になりやすいのだそうです。

英国に於ける老化に関する長期研究(the English Longitudinal Study of Ageing =ELSA)で、米国老齢医学誌(Journal of the American Geriatrics Society and in Age and Ageing.)にそれぞれ独立した2つの研究内容です。

1つ目の研究は、英国都市部に住む52歳以上の7,000人について調べたもので、貧困地域に住む人は、裕福層に比べて認知機能が低下しており、高齢化に伴い認知症になるリスクが高いことが分かりました。

● Neighborhood deprivation, individual socioeconomic status, and cognitive function in older people: analyses from the English Longitudinal Study of Ageing.

第2の研究は、60歳以上の4,148人について調べたもので、貧困地域に住む人の13.6%が寝たきりになったりしており、移動や運動能力に問題が生じていたそうです。

なお、非貧困地域の場合はその様な頻度は4.0%でした。

● Neighbourhood deprivation and incident mobility disability in older adults

これら2つの研究を指導したPeninsula医科大学のIain Lang博士によると、男女ともに貧困地域の人は、認知機能及び運動機能に問題が生じやすいことを示しており、自分の住む住環境が、健康に大きく関与すると注意しています。

また、近所つきあいも重要であり、地域でのソーシャルケアの整備が必要であるとされています。

まあ常識的な結果といえばそれまでですが、はじめに戻って、あなたは今後どこで過ごします?

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!