2016年9月3日に1周年を迎えた人気のスマホアプリ「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」(デレステ)が、新宿駅に出した広告が話題だ。単なる広告ジャックというよりも、もはや展示会のようにも見えるほどのコンテンツに、プロデューサー(アイマスシリーズのプレイヤー)の間では早速盛り上がっている。

初公開「ぷちデレラ」のモーションも

9月12日に登場したこのジャック広告は、9月18日までの期間限定で、約80メートルのメトロプロムナードを埋め尽くしている。

ゲーム内で登場するアイドルの様々な姿だけでなく、ステージに立つアイドルのパネルや「ぴにゃこら太」などの巨大な人形が置かれ、壁を使った大画面にはデレステの映像やデフォルメされたキャラクター(ぷちデレラ)たちが動きまわる姿が映されているなど、プロデューサーにはたまらない展示が多数されている。

中でも、ぷちデレラ達のモーションは今回初登場のものもあり、注目を集めると同時に期待の声も上がっている。







また、ゲームに課金をしているユーザーからは、「課金ロード」と呼ばれるなど、公開初日にも関わらず、すでに愛称がついている。