写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂DYメディアパートナーズと博報堂との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は9月12日、最新の全11カテゴリ・計740のコンテンツに関する「リーチ力・支出喚起力ランキング」を発表した。全国調査「コンテンツファン消費行動調査」の2016年版のデータをもとに算出したもの。

「リーチ力」と「支出喚起力」は、企業のコンテンツ活用を促進するために、コンテンツビジネスラボが開発した独自指標。リーチ力はそのコンテンツが一年間に到達できる人数を表し、支出喚起力はコアファンによる年間の関連市場規模を示している。

リーチ力では、1位が「進撃の巨人」に。そのほか「ドラゴンボール」「NARUTO」「暗殺教室」といった、2015年に劇場映画化した人気コミックコンテンツが上位に入った。

また、ファンによる支出喚起力ランキング上位は、2015年にドームツアーを行った「嵐」を筆頭に、ライブ活動の活発なアーティストグループが多数を占めた。また、「ラブライブ!」や「アイドルマスターシリーズ」といったリアルタイム性の高いアニメ、リズムゲーム、声優イベントを提供している作品もランクインした。

ラボでは、「リーチ力・支出喚起力共に、劇場公開、ライブコンサート、イベントといった、リアルタイムかつリアルプレイスで提供されるライブ体験型のコンテンツのパワーが目立つ結果となりました」とコメントしている。