写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フリマアプリ「フリル(FRIL)」は9月12日、「ハロウィン」に関するアンケート調査の結果を発表した。

○人気コスプレ、1位はダークホラー系

女性の回答者のうち、「ハロウィンに興味がある」人は76.4%。同社は「近年ハロウィンが根付いてきている」と推測している。

ハロウィンに興味がある人のうち、「今年コスプレをしてみようと思う」は51.2%で、「コスプレをしない」の42.5%を上回った。今年試してみたいコスプレは、1位「ゾンビや魔女などのダークホラー系」(28.5%)、2位「猫耳やパンプキンなどの本格ハロウィン系」(17.5%)の順となった。

コスプレをする理由を聞くと、「メイクや仮装をして怖がらせるのが楽しい」「日本国内において大義名分つきで変装ができる唯一のイベントだから」などの声が寄せられた。

コスプレ経験者が1回のコスプレにかける費用は、「1万円以内」が計90.2%に上ったほか、「1万円以上」も約10人に1人の計9.7%に。コスプレの購入先は、「ネット通販」が48.1%でトップとなり、以下、「量販店」が21.0%、「フリマアプリ」が16.9%と続いた。

一緒にハロウィンでコスプレを楽しみたいのは、「同性の友達」が55.6%を占め、「異性の友達」はわずか1.5%。フリルを運営するFablicは「若い女性の間で『双子コーデ』がはやっており、友達同士で同じような服装をして街に繰り出したり、ハロウィンのテーマパークに出かけたりすることを楽しんでいる女性が多い」と分析している。

調査期間は2016年9月5〜8日、有効回答は1,214人(うち女性1,171人)。

(御木本千春)