来る日に備えて...

写真拡大

9月12日は「宇宙の日」。

日本人で初めてスペースシャトルに搭乗した毛利衛さんが、宇宙に旅立った1992年9月12日にちなんで、この日が宇宙の日に制定されています。

一般の人が宇宙旅行できる日も近いと言われていますが、スペースシャトル内での生活ってどんなものなのかあまり想像できないですよね。

今回、東京バーゲンマニア編集部では、宇宙での生活に少しでも慣れておくためにスペースシャトルで実際に食べられた"宇宙食"を編集部で食べてみることにしました。渾身の"宇宙食"グルメレポートをお届けします。

ありえん! なんだこののびーーーーーる食感は!!

今回レポートする"宇宙食"は実際にスペースシャトル内で食べられたものに限定しました。本当に宇宙飛行士が食べたものって思えば、ワクワクしてきます。

最初に食べてみるのは、"おもち"(540円)。これは1992年にエンデバーの船内で毛利 衛さんが食べたものと同じものです。

パッケージを開けると出てくるのは、軽くてカチカチの状態のお餅が6つとトレー、きな粉です。お餅はフリーズドライの状態になっているので、水につけて"もどし"て食べます。数秒水につけるだけで付属の楊枝では持ち上げるのが難しいほど、とろ〜っとしたモチモチの状態になりました。

まずは、きな粉で食べてみます。きな粉は宇宙の無重力状態では飛散してしまうような気がしますが、ここは地球です。引力のおかげでなんなく、トレーに移せました。

きな粉をつけて口に運ぶと、トロトロでモチモチとした食感でおいしい! お正月に食べるお餅よりトロトロかも......。フリーズドライだったことが信じられないくらいです。

何度も言いますが、ここは地球! せっかくなので、地球でしかできない火を使った食べ方もやってみました。

本当は七輪やトースター、オーブンで焼くところですが、ムービー撮影のためフライパンで調理します。

お餅は相変わらずとろ〜っとした触感&食感で、くっつかないか心配でしたがテフロン加工のおかげで大惨事にならずに済みました。

とはいえ"のびーーーーーーーる"あの感触はそのまま。お醤油につけるのも海苔で巻きつけるのも一苦労ですが、なんとか磯辺焼き(もどき)が完成!

海苔に巻いても普通のお餅以上にめちゃくちゃ"のびーーーーーーる"! 一気にお正月が来た感じです。味はもちろんおいしかったです。

おもちを"調理"する様子は動画でも見られるので、チェックしてみてください。

若田光一さんが食べたパンはふわっふわ

次に試すのは「スペースブレッド」というかっこいい名前のついた「缶入りソフトパン」(648円)。2009年に打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」で若田光一さんが食べたものと同じものです。

缶を開けて、中に詰まったパンを取り出します。食べてみると非常用の缶パンのようなものではなく、ふわふわしていてしっとり感もあります。いつも食べているパンと変わりない食感です。今回食べたのは「ミルク味」なので、優しい甘さも感じられて何もつけなくても美味しく食べられます。

お湯で温めて食べると、焼きたてのような食感が楽しめるそう。こちらのパンは特殊な製法で長期保存が可能なので非常食としても活用できますよ。

宇宙食の条件は?

最後はようかん(378円)を食べてみます。これも毛利衛さんがスペースシャトルで食べたもの。

見た目からはわかりませんが、ようかんを包むパッケージが4層構造になっていて宇宙環境でも食べられるようになっているそう。

フリーズドライなど特殊な状態になっているわけではなく、開ければそのまま食べられます。食べてみると、あずきの味がしっかり感じられ、しっとりとした食感が楽しめます。これは、温かい緑茶と一緒に一息つきたくなるホッする味です。もしも宇宙でこれを食べたら、遠い地球の小さな日本がとても恋しくなりそう。

宇宙で食べられるものは、固形の固いものやドロドロの流動食というイメージがありましたが、どれも地球で食べているものと変わりありませんでした。

というのも、宇宙食はNASAの「フード・ラボ」の審査で合格さえすれば、好きなものを持ち込めます。保存期間やパッケージの形状など、条件は厳しいようですが、お気に入りを宇宙旅行のお供にできる可能性があるということですね。もしも宇宙に行くことがあっても食べ物に関しては安心してよさそうです。