北海道3つぶんの大自然の中に、全北海道民より100万人ほど少ない住民しかいない。
それが、ニュージーランドという国である。

国土、約26万平方メートル。人口、約450万人。そんな雄大な国のバーベキューレストランは、やはりスケールも段違いだった。20エーカー……つまりは、東京ビッグサイトの総展示面積に相当する庭園でのバーベキュー。自然のままの木々と、よく手入れされた花々に囲まれて、今回ご紹介するレストラン「ローズランド」は1982年から営業を続けてきた。

地平線を眺めながら食事をする体験も、都会の暮らしではなかなか味わえないのではないだろうか。

レストランへの入り口には、木々のアーチとやさしい木漏れ日が。

注文したのは、ローズランドの看板メニュー「プレミアム・バーベキュー・ビュッフェ・ランチ」。専門のシェフが目の前で焼いてくれるメインディッシュには、以下のセレクションから1種類を選ぶことができる。

●プレミアムグレード・サーロインステーキ
●ニュージーランドの白身魚・ホキのホイル焼き
●チキン・テンダーロイン
●ニュージーランド・グリーンリップムール貝のスイートチリソースあえ
●ベジタリアン用の包み焼き

※大人$36、子供$18
※5歳以下無料、ただしメインディッシュ含まずビュッフェのみ
※内容と価格は2016年8月現在、随時変更の可能性あり

ジュージューとバーベキューが焼ける音に、さわやかな風が運ぶ美味しそうな匂い。メインディッシュを待つ間、散歩やビュッフェを楽しめる。メニューの一例としては、次のようなものがあった。

●サラダ各種(グリーンサラダ・マカロニサラダ・キャロットサラダ)
●主食(ごはん、パン、ローストポテト)
●フルーツ(ニュージーランドキウイ、オレンジ、グレープフルーツほか)
●自家製パティスリー(チョコレートケーキ、コーンフレーククッキーほか)
●ドリンク(お茶、コーヒー、ローズランド天然水)
※ソフトドリンク、アルコール各種は別料金

こちらは、野菜と合わせてホイル焼きにしてもらった白身の深海魚「ホキ」。肉質はきめ細かく、独特の旨味をたっぷり含んでしっとりと焼き上がっていた。盛り付けた状態でテーブルに運ばれるので、ビュッフェから自分で選んだサラダや付け合わせを添える。

お腹を満たした後には、ひなたぼっこや遊歩道散策だ。四季折々の庭園の様子は、ローズランドのinstagramアカウントで随時レポートされている。

ローズランドは、幻想的に光るツチボタルで有名なワイトモ鍾乳洞のほど近くに位置している。食事のみならず、ニュージーランドらしい風景の中でゆったりとした時間を楽しめるこちらのレストラン、ぜひとも立ち寄ってみてはいかがだろうか。

店名 ローズランド(Roselands Restaurant)
住所 579 Fullerton Road, Waitomo Caves, 3981(ニュージーランド北島)
時間 ランチ 11:30〜14:30/営業 8:00〜深夜 要予約
休日 不定休
お店の公式サイト http://www.roselandsnz.com/

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア