病院で治療を受けていることを伝えていた徐さん(徐婷さん微博より)

写真拡大

 中国の女優・徐婷さんが7日、リンパがんにより北京の病院で亡くなった。徐婷さんは、新築住宅のホルムアルデヒド汚染でがんを患い、7月から入院していた。

 妹の徐丹丹さんは7日午後、文章で、徐婷さんはがんで亡くなったと伝えた。

 徐婷さんは1992年10月、安徽蕪湖市に生まれた。2010年から映画やテレビドラマに出演した。7月9日に、微博でがんを患っていると明かした。

 徐婷さんは亡くなる前、自身のミニブログ微信にメッセージを残していた。「昨年、念願かなって、両親に住宅を買ってあげることができた。でも、部屋の装飾が完成しない3カ月のうちに、私はホルムアルデヒド中毒になり、リンパ節がんになった。私の家族はみな咳をしていた。私の反応が一番ひどかった。家族を救うために、私は家を手放すことにした」。

 以後、インターネットで自らの半生をつづっていた。7人の兄弟姉妹がいて、通った大学の学費は働きながら払っていた。映画の撮影で、徹夜する日も多かったという。弟の学費を払い、両親のために住宅を購入した。

 闘病生活中、彼女は、がんを患ったことで身体が軽くなるのを感じたという。「私はどんな人も責めず、(早くに死んでしまうことについて)神様に責めようとも思わない。これが私の命だから」。

中国子どもの白血病90% 住宅の内装によるもの

 ホルムアルデヒドは無色な気体で、強烈な刺激臭がある。呼吸や皮膚を通して体内に吸収される。世界保健機関(WHO)が定める発癌性物質だ。

 中国ではたいてい、購入時の新築のマンションの部屋は、コンクリ面がむき出しの「箱」であり、住宅所有者がすべての内装を不動産業者とは別の業者に依頼して、居住環境を整える。防熱材や塗料などから、しばしばホルムアルデヒド中毒による被害が報告されている。

 中国国内メディアは、西洋諸国は内装に厳格な安全基準を設けているのに対し、中国では、ホルムアルデヒドの基準を大幅に超過した内装の住宅は多数だと伝えている。中国児童白血病協会の調査によると、90%の子どもの白血病患者は、半年以内に内装工事をした住宅で生活していた。

 今年8月、四川省南充市嘉陵区の12歳の女児が白血病で死亡した。彼女が住んでいた新築住宅から検出されたホルムアルデヒドは、基準値の7倍以上だったという。

(翻訳編集・佐渡 道世)