「ジブリの大博覧会」入場者数記録作り閉幕

写真拡大

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーで開催した「ジブリの大博覧会〜ナウシカから最新作『レッドタートル』まで〜」は、9月11日に67日間の会期を終え、盛況の中で閉幕した。期間中の入場者数は502,854人にのぼり、一日当たりの平均入場者数は約7,500人に。これは東京シティビューで開催された展覧会で過去最高の入場者数記録となった。

本展では、スタジオジブリの設立(1985年)から30年間の歩みを体感できる特別企画として、「風の谷のナウシカ」から最新作「レッドタートル ある島の物語」(9月17日公開)まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのかをポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開資料を含む膨大な数の資料を展示した。

開幕以降、世界中で愛されるジブリの歩みを見ようと、国内に加え、海外からも多くの人が来場。ポスターやコピーが出来上がる過程の資料や、フォトスポットとして人気を博した「猫バス」、東京シティビューならではの眺望を生かしたダイナミックな展示なども話題になった。

また、東京シティビューに隣接するカフェ&レストラン「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」の Cafe Area 「THE SUN」では、本展の開催を記念し、ジブリの世界観を表現したオリジナルメニューを展開。こちらも人気を呼んだ。