10日、北朝鮮が9日強行した5度目の核実験を受け、韓国が北の核攻撃を受けた場合の被害想定について韓国メディアが相次ぎ報道している。資料写真。

写真拡大

2016年9月10日、聯合ニュースなど韓国メディアは、北朝鮮が9日強行した5度目の核実験を受け、韓国が北の核攻撃を受けた場合の被害想定について相次ぎ報道している。

韓国の国防部当局者は同日、実験により発生したとみられる人工地震の規模から、今回の核実験の威力は10キロトンと推定されると発表した。これは1945年に広島(15キロトン)、長崎(20キロトン)に落とされた原子爆弾の規模には達してしないものの、北朝鮮が行った核実験では過去最大規模だ。

韓国の専門家らによると、米国ランド研究所は2010年、10キロトン級の原子爆弾がソウルに落とされた場合、最大で23万5000人が死亡、死傷者数は28万8000〜41万3000人に上るとのシミュレーション結果を出している。また、負傷者や放射線被ばく者ら134万人が病院に押し寄せ、統制不能な状況に陥るとの予測もなされた。現在、韓国国内の病床数はこの半分ほどにすぎないという。さらに、韓国の国内総生産(GDP)は10年以上にわたって10%ずつ落ち込み、合計1兆5000億ドル(約154兆円)の被害が想定されるとされている。

聯合ニュースなどは、爆弾の威力がより大きかった場合の被害想定を報じたほか、世界日報は米民間研究機関の被害想定プログラムを利用し分析した結果として、ソウルに10キロトン級の原子爆弾が投下された場合13万〜33万人が死亡すると報じた。

こうした報道に韓国のネットユーザーからは多数のコメントが寄せられているが、深刻に受け止める声は少ないようだ。

「核は韓国を狙ったものなの?」
「原子爆弾がソウルに落ちるぞと不安をあおるニュースの理由は何だろう?」
「恐怖心を刺激して高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に賛成させようということか。国民をばかにしてる」

「拡声器で防げばいいんじゃない?」
「なんで?。THAADがあれば大丈夫と言ってたじゃないか。また大統領がうそをついたのか?」
「そんなにびびってるなら北朝鮮と交渉でもしたらどうだ?なぜ助けてくださいと第三国に頼んでばかりなんだ?」

「先制攻撃以外に手はなさそう」
「だから首都を早く移転しようじゃないか。僕が金正恩(キム・ジョンウン)でも、まず2000万人が住む首都圏から攻撃するよ」
「朝鮮戦争の教訓を忘れず、常に備えておくべきだ。油断したら大変なことになる」(翻訳・編集/吉金)