もし間違えたらヤバイ試験問題が話題 / 先生「どれが私の写真か当てなさい」

写真拡大

学生がテストを受ける時は、制限時間内に全ての問題を解かなければならないし、見直しの時間も取っておきたいしで、ペース配分を考えたりと何かと大変だ。

そんな、緊張感を感じながら問題に取り組んでいるなか、「やっと最後の1問……」という段階で、思いもよらない個人的な質問が飛び出したらどうだろうか!? ある先生が試験に出した「どれが私の写真か当てなさい」という問題が、サイコーにオモロいとネットで話題になっているので紹介したい。

・先生が出した ‟ある試験問題” がサイコーにオモロい

海外投稿サイトRedditユーザーのdovahkidさんが、同サイトに、学校で提出された試験問題の写真を投稿した。

その写真を見ると、中間試験の問題用紙の最終ページには、眼鏡をかけたアジア人男性4人の写真が白黒でプリントアウトされている。そして、問題の内容はというと、「4学期の中間点まで来たことだし、ある程度は私のことを知ってくれているだろう。そこで、簡単なクイズを出すことにしよう。この写真の中で、一体私はどれですか?」と、先生の顔を当てろというのである!

・アジア人男性は見分けがつきにくい!?

dovahkidさんがどこの国に住んでいるのかは不明だが、試験問題は英語で書かれているので、英語を公用語とする国であることは間違いない。そして、欧米諸国では「アジア人男性は見分けがつきにくい」とよく言われるだけに、アメリカやイギリス辺りの国ではないかと考えられる。

きっと先生は、「真面目に授業に出席していたら、いくら見分けがつきにくいアジア人でも、担当教師の顔ぐらい当てられるだろう」と、思いっ切り皮肉とユーモアを込めて問題を出したのではないだろうか。

・オモシロい質問だけど、答えを間違えたらヤバいかも!?

ちなみに、問題に正解できたとしても、もらえるのは1点だけである。しかし、仮に99点取れたとしても、この問題を外してしまったらちょっとヤバそうである。

そして、毎回きちんと授業に出ていたというdovahkidさんは、A〜Dまでアルファベットをふられた写真の ‟D” を選び、見事に正解したそうだ。

答えが即答出来る生徒は、思わずクスっと笑ってしまうようなお茶目な問題だが、マジで迷ってしまう人にとっては冷や汗ものの質問である。この先、何年も経ったら先生の顔は忘れてしまうかもしれないが、この問題は忘れられないのではないだろうか。

参照元:Reddit
執筆:Nekolas

この記事をロケットニュース24で読む