写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は9月12日、Microsoft AzureとのハイブリッドIT環境において従量課金を提供するサービス「HPEフレキシブルキャパシティwith Microsoft Azure」の販売を開始すると発表した。

このサービスは、2015年12月1日に、Hewlett Packard EnterpriseとMicrosoft Corporationが共同発表した戦略的提携により、提供を開始するもの。

「HPEフレキシブルキャパシティ」は顧客のオンプレミス環境で提供する従量課金型のサービスで、HPEがサーバやストレージなどの必要なITリソースを今後の予測に合わせて設置する。「HPEフレキシブルキャパシティwith Microsoft Azure」ではさらに、オンプレミスでの従量課金とMicrosoft Azureによるパブリッククラウドサービスの契約と請求を一本化する。

また、顧客のデータセンターに設置のITリソース(キャパシティ)使用量と、Microsoft Azureサービス使用量をメータリングし、利用量モニタリングポータルで可視化される。