画像

写真拡大 (全2枚)

 カラフル・ボードと三越伊勢丹ホールディングスは9月14日より、伊勢丹新宿本店にて「AIソムリエ」を開始する。同サービスでは試飲したワインの感想をアプリケーション内で答えると人工知能が作成され、来店客それぞれの味覚にあったワインを提案してくれる。

 カラフル・ボードと三越伊勢丹ホールディングスは9月14日より、パーソナル人工知能「SENSY」を活用した食の人工知能プロジェクトの一環として、伊勢丹新宿本店にて人工知能がワインをレコメンドする「AIソムリエ」を開始する。

 同プロジェクトは、カラフルボードと三菱食品が原料生産者、加工、製造業者、小売業者、生活者等に向け、SENSYを活用した様々なソリューションを提案していくもの。これまでに人工知能が日本酒を提案するサービス「AI利き酒師」を開発し、現在も不定期でサービス提供を行っている。

 そして今回の「AIソムリエ」では、来店客が3本のワインを試飲し、それぞれのワインに対してどう感じたかをアプリケーションにインプットすることで、人工知能が作成される。その後、事前に用意された約20本のワインの中から、ひとりひとりの味覚に合わせた最適な1本をセレクトする。

MarkeZine編集部[著]