『3月のライオン』第3弾キャスト。左上から時計回りに甲本雅裕、中村倫也、尾上寛之、板谷由夏、斉木しげる、岩松了、奥野瑛太、高橋一生

写真拡大

羽海野チカ原作の同名人気コミックを、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史が監督し、神木隆之介主演で2部作で実写化されることが決定している『3月のライオン』。この映画の第3弾となるキャストが発表された。

大友啓史監督、神木隆之介主演で『3月のライオン』を2部作で映画化

本作は、中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、今は東京の下町でひとり暮らしをしている17歳の桐山零(神木隆之介)が主人公。幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けていた零だったが、ある日、同じ下町に住む3姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会い、しばしば彼女たちの家に食事に招かれるようになる。それは零にとって、将棋以外の“自分の居場所”との出会いでもあったというストーリー。

先日、第2弾キャストとして、佐々木蔵之介(島田開役)、伊藤英明(後藤正宗役)、加瀬亮(宗谷冬司役)、倉科カナ(川本あかり役)、清原果耶(川本ひなた役)、前田吟(川本相米二役)、有村架純(幸田香子役)、豊川悦司(幸田柾近役)ら主役クラスの豪華キャストが発表されたが、新たに第3弾キャストとして、高橋一生、岩松了、斉木しげる、中村倫也、尾上寛之、奥野瑛太、甲本雅裕、板谷由夏の名前が発表となった。

高橋が演じるのは、零が通う高校の教師・林田高志役。岩松は日本将棋連盟の会長・神宮寺崇徳役。斉木が60歳を越えてもA級で活躍する現役最年長の棋匠・柳原朔太郎役を演じる。

また、中村と尾上は、零を棋士として一目置いている先輩プロ棋士コンビ・三角龍雪(愛称スミス)役と松本一砂役に扮し、奥野が零に立ちはだかる新人戦決勝の相手・山崎順慶役に扮する。さらに甲本が、零の心をかき乱す棋士・安井学役、板谷が川本家を見守る三姉妹の叔母で、プロ棋士たちが集うクラブのママでもある美咲役を演じる。

さらに今回、2部作の公開日が【前編】が<春休み>2017年3月18日、【後編】が<GW>4月22日に決定した。

来月からNHK総合で放送されるテレビアニメに加え、現実世界では、主人公・桐山零と同じ<中学生でプロになった史上5人目の棋士>誕生ニュース(2016年9月3日)と、各方面で話題の本作。今後は主人公・零の“心友”として人気の二海堂晴信役を含めたキャストの第4弾発表も控え、これから益々注目を浴びていきそうだ。