「季節の変わり目」が注意な病気、なにがある?

写真拡大


執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)

猛暑だといわれた今年の夏も、いつの間にか朝晩は涼しいと思えるようになってきました。
確実に秋は近づいていますね。

夏から秋へ。季節の代わり目は特に体調を崩しやすい時期でもあります。

そこで、季節の変わり目、特に夏の終わりから秋の初めに注意したい病気について、まとめてみました。

夏の終わりのだからこそ「熱中症」に!

夏真っ盛りの時期は、みなさん熱中症対策として、部屋の温度やこまめな水分の補給を行っています。

しかし、実は油断しがちな夏の終わりの時期にも、熱中症になる方はたくさんいらっしゃるんです。涼しくなってきたとはいえ、未だに30度を超える日もあり、身体には熱がたまりやすくなっています。

「トイレに行くのが面倒くさいから」と水分を控えたり、エアコンを使わずに暑い部屋で過ごしてしまうと、この時期はまだ熱中症になる可能性があります。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の通り、9月のお彼岸の時期(2016年は9月19日が彼岸入り)くらいまでは、熱中症には注意が必要です。

急な食べ過ぎが胃腸の負担に

暑い日は食欲がなくなって、食事量が減る方も多いかと思います。そのため、涼しくなってくるこの時期に食欲が戻ってきて、つい食べ過ぎてしまう、という方もいらっしゃることでしょう。

しかし、胃腸の働きはすぐに完全復活、とは行きません。

そのため、食べ過ぎによる胃もたれも、季節の変わり目であるこの時期に多くなります。食欲の秋ではありますが、少しずつゆっくり食べ、胃腸の負担を少なくしてあげることが大切なんです。

日照時間の減少による「冬季性うつ」に注意

お日様の位置が高く、昼の時間が長かった夏が終わり、少しずつお日様の位置が低くなり、昼の時間が短くなってくる今の時期。

涼しくなってくる夏の終わりは、なんとなく物悲しい気分になる、という方も多いかと思います。人は、日が当たらない時間が長いと抑うつの症状が出やすくなることが、研究の結果が明らかとなっています。

特に、夏から秋、そして冬にかけて抑うつ症状が出現し、春や夏には警戒する場合は「冬季性うつ」と呼ばれています。「体がだるい」「仕事だけでなく、何もしたくない」という症状が出てきている場合には、無理をせず、まずは近所の医療機関を受診することをお勧めします。

また、可能ならばなるべく外に出て実際に日の光を浴びたり、軽い運動をすると、抑うつ症状が改善することもあります。

夏の終わりから秋の初めに注意したい病気についてみてきました。
食べ物や文化、スポーツや行楽など秋は楽しみが多い季節です。体調管理に気を付け、良い秋を迎えたいですね。


<執筆者プロフィール>
山村 真子(やまむら・まこ)
看護師・西東京糖尿病療養指導士、一児&犬二匹の母親兼主婦。現在は医療系ライターとして執筆活動中