12日、03年に他界したレスリー・チャンの還暦を記念して、ルイス・クーとレオ・クーが、代表曲の一つ「当年情」をリメークした。

写真拡大

2016年9月12日、03年に他界した俳優レスリー・チャン(張国栄)の還暦を記念して、俳優ルイス・クー(古天楽)と歌手レオ・クー(古巨基)が、代表曲の一つ「当年情」をリメークした。網易が伝えた。

【その他の写真】

2003年4月に46歳の若さで自ら命を絶ったレスリー・チャン。今年9月12日の誕生日で、ちょうど満60歳の還暦を迎えることに。これを記念して、ルイス・クーとレオ・クーがヒットソングの「当年情」をリメークしたものが、12日に日付が変わると同時にネット上で解禁された。

楽曲の解禁と並んで、2人の22年前のツーショット写真と同じポーズをした現在の姿も公開されている。年齢はルイス・クーが2歳上だが、ほぼ同時期にデビューした2人は、生前のレスリー・チャンが将来の活躍に太鼓判を押すほど期待を掛ける若手だった。かつてレスリー・チャンは香港の若手スターの中で、映画ではルイス・クー、歌手としてはレオ・クーをイチオシしていた。レスリーからの熱い期待を後に知った2人は、それがずっと大きな励みになっていたという。

レスリー・チャンの還暦を祝い、公式ファンクラブが記念ソング「Dear Lesile」を発表。今月に入ってから香港や中国、日本などでさまざまな形の記念イベントが開催されている。さらに今月9日にリリースされた記念アルバム「哥哥的歌」(Leslie Cheung’s Song)には、「千山万水」など未発表の4曲が収録されている。(翻訳・編集/Mathilda)