肉も野菜も鮮度とおいしさしっかり保つ 常備菜も長持ち

写真拡大

パナソニックは、冷蔵庫「NR-F672WPV」など2機種を2016年9月中旬に発売する。「微凍結パーシャル」は酸化ブロック冷却による急冷効果で食品の酸化を抑制し、鮮度とおいしさを長持ちさせる。肉や魚のほか、常備菜も約1週間長持ちするという。

独自の真空断熱材「U‐Vacua(ユーバキュア)」を最適配置した高断熱キャビネットと、冷却効果を高めた高効率コンプレッサーにより冷却効果を高めた。パーシャル室内の天面にシャワー冷却、底面にアルミ冷却プレートを配置し、上下ダブルの冷却・吸熱効果で食品を素早く冷やす。

「モイスチャーコントロールフィルター」を野菜室上段ケースにも搭載。野菜コーナーをまるごと湿度コントロールする「Wシャキシャキ野菜室」で、野菜の保存に適切な湿度を維持し、乾燥や水腐れを防いで鮮度を保つ。手入れしやすいステンレスクリアケースを採用。

野菜や果物の栄養素をアップし、老化を促進するエチレンガスを分解するほか、低温に弱い野菜の低温障害を抑制する「ナノイー」、生活に合わせて自動で省エネ「エコナビ」などを搭載する。べべリング(面取り)加工したミラーガラスドアを採用する。

定格内容積665リットルの「NR-F672WPV」、同601リットルの「NR-F602WPV」を用意。カラーはオブシディアンミラー。

価格はオープン。